« 2007年12月 | blog TOP | 2008年02月 »

2008年01月28日

朝の仕事

%E3%81%B5%E3%81%8B%E3%81%97%E8%8A%8B.JPG

家が寒い。
とても寒い。
朝、起きると部屋の温度がだいたい7度か8度。
それをヒトに言ったら
っていうか、それって、外で寝てるよーなものじゃない!?
と 言われ、あ、そうかも、と思った。
こんな寒さが続くと、もしかしたら、
寝ちゃいけない!寝てはだめだ!ということになるかもしれない。
(いえ、なりません。遭難じゃないので)

そんな私の楽しみは 焼き芋の朝ごはん。
近くの八百屋さんが冬の間だけ 石焼き芋を作っています。
フランス人が朝、バゲットを買いに行くように
私は 時々、焼き芋を買いに行きます。
八百屋さんはいつも、一番大きいやつを渡してくれるんだっ。うきっ。
そのほかほかをダウンの胸のあたりにいれて
ほくほく、と帰ってきて食べます。ミルクティーと一緒に。
これが、ささやかな、でも最大のしあわせ。
バターにゲランドの塩をちりっとかけて食べるのです。

パリにいた頃、バゲットを小脇に抱えてさっそうと歩く、というのが
私の憧れでした。
でも、挟み方が悪いのか、
もこもこに着込んでいるせいで感覚が悪いのか、
部屋に帰って来ると バゲットの半分から下がちぎれてなくなっている、
という事が暮らし始めた冬に何度もありました。
はじめは狐につままれた気分で、誰かのいたずら?とか、すりっ!?とか
犬!?とか思ったほどです。
友達のうちに みんなで集まる時にも、私がバゲット係になったのですが
バゲットをかかえ、お花を買ったり、ワインを見たりしながら
友人の家に着いた時には やっぱり、
半分から下がちぎれてなくなっていました。
そんなにお腹すいてたの!?と言われて どう説明しても 
ちぎれる訳なんてない!ぜったい麻紀が食べたんだ〜、と言われて
すごく恥ずかしかったのです。

でもその日の帰り道、その夜は雨が降っていたのですが、
友人のアパルトマンの角を曲がった 電話ボックスのところに
私のちぎれたバゲットが落ちていたのです!
雨にひたひたに濡れて。
パリのやわらかなオレンジ色の街灯の明かりに照らされ
雨にぬれそぼるちぎれたバゲットは とてもシュールな光景でした。

それ以来、バゲットは抱えず、
下を持って、イギリスの衛兵さんのように持つようにしています。

2008年01月25日

今月のクラスソワレのメニュー

今年初めてのレッスンです。
気持ちを引き締めて 準備にとりかかりました。
ウィーンで調達してきた食材を、どう私流にアレンジするか、
帰国してから、つらつらつらと、考えていました。
で、こんな風にしてみます!

白子のふわとろパンケーキ
ウィーンで買って来たセンメルのパン粉とかぼちゃオイルがアクセント。
イタリアの学校にいる時メルカートで買った
不思議なパンケーキパンで焼きます。

帆立貝の青けしの実風味 ソース・ヴァンブラン
青けしの実もウィーンで買ってきました。
きれいな色と日本で売られているものとは違う風味。
けしの実っておいしいのね!と思います。
白ワインとシャンピニオンで作るクリーミーなソースと合わせます。

牛肉のミジョテ ソース・ペリグー、白菜のブレゼ
牛肉をぴとぴとにやわらかぁくし 
トリュフの風味のペリゴール風ソースを合わせます。
新年なので、ね。ちょっと高級食材で。
白菜がフランス料理になって ガルニになります。

ショコラとラムのクレムー
ラムの風味のショコラのとろとろ、です。
もう一品 焼き菓子をつけますがそれは当日のお楽しみ!

ウィーン風ヴァンショー、食後にはウィーンのハーブティーをおだしする予定です。 
こちらもお楽しみに・・・
では、お教室でお待ちしております。
(1月のレッスンは毎年、日にちがイレギュラーになります。)

2008年01月24日

雪待ち

%E3%81%8A%E8%8F%93%E5%AD%90%E3%81%AE%E5%AE%B6.JPG

雪が降る、というので、わくわくしていたら
一度、肩すかしをくらった。
その時は どの天気予報でも、降ります、降ります!と
言っていたけど、ベランダにでた私の感触としては
無いな、というもので、やっぱり当たった。
でも、今日は、来るな!と 思っていた。
だから、降り始めの雪に触りたくて寝ずにがんばった。
時々外に出ては、しんと冷たい空気に
ほんのすこうし、雪の匂いが混じっているのを確かめながら。

朝5時頃、しゃり、しゃり、とわずかな音がして
小さい小さい雪が降り始めた。
手をのばしたら しばらくして小指の先に ちこん、と
小さな小さな雪がのっかった。
かわいいなぁ。


写真は 去年 クリスマスの撮影用に作ったクッキーの家。
こちらも うっすら雪化粧。
ドアからは ミニミニカップケーキがのぞいています。

カメラマンの友達が この家を崩して
シュールな写真を撮りたいらしく
壊したい、壊したい!と言うのだけれど
今年のクリスマスまで、死守するもん!

2008年01月19日

真夜中のちびちび

%E3%83%98%E3%82%99%E3%83%A9%E3%83%98%E3%82%99%E3%83%83%E3%82%AB.JPG

アルザス帰りの方からベラベッカをいただきました。
うれしい。おいしい。
アルザスの宝石箱やぁ〜〜〜〜〜。
もうちょっと、もうちょっとと言いながら
ミラヴィルのオ・ド.ヴィーとちびちびいただく。
しばらく 真夜中の楽しみになるのは間違いなし。

2008年01月18日

うれしすぎる。

%2708-1-9%E3%81%82%E3%81%84%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%89%E3%80%82.JPG

銅板作家のあいちゃんがくれた。
にゃ〜〜〜〜〜〜!! かわい〜〜〜〜〜っっっ!
作ってくれたそうだ。
うれしい。涙。

うれしすぎて 自慢したいので
何かの時には
これで 生クリーム泡立てちゃうもんね!!
くらいの 勢いだ。

2008年01月16日

本の音

夜中に思い立って ちょっとのつもりで片付けを始めたら 
止まらなくなってしまった。
今頃 大掃除。
数年ぶりに 棚の整理をしていたら
奥から平中悠一さんの本が 数冊でてきた。
懐かしいなぁ。
彼がデビューした時、私は 彼の作品に夢中だった。

大学に入った時、その本のことで意気投合したのが あこだった。
大人っぽくて背が高くて バブルの女子大生の雰囲気を思いっきり
ひきついでいた彼女と、トリコロールのショルダーバックの私は
どうみてもちぐはぐだったけれど なんだかとてもウマが合った。
どうして 平中悠一の話になったのかな?
ちっとも覚えていないけれど この本がなかったら
もしかしたら 彼女とは 深く話せることがなかったのかもしれない。
彼女が結婚して 東京を離れてずいぶん経つ。
お互いマメでないため、ほんとに思いついた時にしか連絡しない。
それでも お互いココロに波風がたたないところも なんだかいい。
そういえば、ずいぶん話していないなぁ。
元気かな?
明日、久しぶりに 電話、してみよう。
声、聞きたくなっちゃったな。


小学校、中学校に入りたての頃の私は 図書委員に憧れていた。
本を貸し出しする時、一番うしろのポケットから
カードをだしたり、はんこを押して、カードを差し替えたり・・・という
作業に憧れていたのと、
何より、その作業の時、本を閉じるときの
ばふっ、という音が なんとも言えずに好きだったのだ。
新しい本ではしないあの音。何度も聞きたいあの音。
いろんなヒトの手を経て、たくさんめくられて
空気を含まないと でない音。

図書室も好きだった。
かといって 本を読むのではないのだけれど。雰囲気が。
本が しん、と並んでいて
空気を浄化しているような感じと 音を吸い取っているような感じが。

なので、土曜日の午後は 裏庭で一人で菓子パンをかじり
図書室に一人行き、閉門までぼ〜〜〜〜〜〜〜っとしてる、
ということが よくあった。
今、考えると、ちょっと 不思議だ。不思議なヒトだ。
図書室の先生は なんだかさらりとしたヒトで
それもよかった。
窓からは 学校の築山の深い緑が見え、テニス部の部活の
声がうっすら聞こえる。
でも 図書室の中はしんと静かで、あの 本の音がして。
のどかだったなぁ。
私にとっては 1週間の終わりの贅沢空間だった。

今思えば、あの時 どうして私は図書委員にならなかったのだろう??
あのまま、図書室好きでいたら 
もうちょっと思慮深い人間になっていたかも・・・とも思う。
中2になった頃には 図書室より 自由が丘の方が好きになっていた。
う〜〜ん。
高校を卒業するまで、毎日のように遊んでいた自由が丘でも
確かに いろんな事を学んだけどさ。

と、ため息をついて。
さてさて、残りを片付けよう。

2008年01月13日

あっちこっち。

%2708-1-9%E3%83%86%E3%82%99%E3%83%AD%E3%83%AF%E6%96%B0%E5%B9%B4%E4%BC%9A2.JPG

先日 ガレット・デ・ロワパーティーをしました。
新年会も兼ねて。
合計12人+生後まもなくのbebe(赤ちゃん)。

パリで買った陶製のフェーヴを入れて作りました。
誰にあたるかな?と うしし、としながら。

デロワの楽しい食べ方は・・・
切り分けたガレット・デ・ロワの上に布をかぶせて
好きなところから1ピース抜きます。
せーの!で食べて フェーヴが当たった人が王様。

この日は 最後に残った1ピースをお皿にのせたKちゃんが王様(王女様)に!
まさに 残りものには福があります。
おめでとう!よい1年になりますように。

ところで。
最近は 陶製のフェーブが主流で、アンティークのものも含めて
コレクターもいるほどですが そもそも なぜ フェーヴか?
フェーヴとは フランス語で空豆のことをさします。
昔々 投票に乾燥空豆が使われていたそうで、
なので、当初はデロワにも乾燥空豆が入っていたようなのですが、
そのうちに 今のようなかわいい陶製のマスコットに入れ替わったそうです。
でも、そのまま、フェーヴという呼び名は残ったのですね。

このガレットは キリスト教の公現祭に食べられます。
読んで字のごとく、イエス・キリストが 民衆の前に神性をもって
姿を現した日を祝うお祭りです。
これは、宗派によって その年によって日にちが変わることがあります。
ちなみに デロワはたいてい丸い形をしていますが、これは、
さらに歴史を遡って受け継がれて来た太陽信仰に基づいたものだ、
という説もあります。
太陽を象っているのではないか、ということらしいです。
真相はいかに!? いやぁ、ロマンですのう。


いずれにしても。
前日には 遊びに来た友人と七草粥を食べ、無病息災、などと言っていたのに
翌日は デロワを前に ボナネ!などと乾杯し、
クリスマス、年越し、お正月、七草、デロワ・・・とたった数週間で
和と洋の間を行ったり来たり。
どこでもドアな気分です。

2008年01月09日

ときどき

%E3%81%8A%E3%81%AB%E3%81%8D%E3%82%99%E3%82%8A%EF%BC%92.JPG

むしょうに食べたくなるのが
おにぎりと甘い卵焼き。

今日のお昼ごはん。

2008年01月08日

なにげに

%E3%81%B2%E3%81%A4%E3%81%97%E3%82%99%E3%83%9E%E3%83%83%E3%83%88.JPG

ひつじコレクターです。
写真はクリスマスの頃いただいたひつじマット。
かわいいのだ。

ちなみに ロゼに焼き上げた子羊肉も好きです。
荒めの塩とオリーブオイルとレモンをかけて食べるのが好きです。

2008年01月07日

回想

年賀状を書いていて。(!!? まだ 書いてる・・・)

去年は 某有名売れっ子菓子研究家の先生とお会いしました。
私の 『ショコラ』の本をすごく気に入ってくださって
会いたいと言っている、とは人づてに時々聞いていたのですが
その機会もなく過ごしていたら
年の終わり、あるパーティーで偶然お会いできたのです。
とても気さくで楽しい方で
私の本を買って下さり、この子どんな子!?と
いろんな人に聞いていたそうです。おもしろい。
今度おいしいものを食べに行きましょう!と言ってくださり
今年はたくさんお会いできるとうれしいです!

『ショコラ』はプロの方にも見ていただいているみたいで
それが うれしいです。
先日も あるパティシエさんから この本を持っている、と聞きました。
本を作っている時も 作った後もいろんな思い入れがあるので
いいね!と 言ってもらうと本当にうれしい。

表紙も よくほめられます。(自慢!)
ともかくうれしい!
・・・回想、というか 自慢の日記でした。すみません。

2008年01月06日

開き直る!?

%E3%82%AB%E3%83%A1%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%AE%E3%83%9F%E3%83%B3%E3%83%88.JPG

年末の撮影の時 カメラマンさんが
たくさんミントを持って来てくださいました。
お庭にわしわし生えているそうです。
撮影後、ぜいたくにたっぷり使って ミントティーにして
みんなでいただき、残りは ただいま 根を生やし中。
日向が動くたびに、移動させています。
カメラマンさんのお庭には 何種類かのミントがあって
もう、どれがなんのミントかわからん!と言っていましたが
これは多分アップルミントです。
りんごのようなあま〜〜い風味だから。


年賀状書きは 楽しいです。
言い訳じゃぁないですが、まわりが静かなのでココロも静かに落ち着き、
年賀状に集中できます。
年末にださなくては!と必死でやる時は どうしても
期日迄に ポストにいれる!ことばかりであせってしまいますが
もう、ここまできてしまったので期日であせることもなく
(焦りなさい!という感じですが・・・)
おひとりおひとりの事を思いながら 書けます。
だから、より一層 いろんなことを思い出したりして
ぽっと気持ちが温かくなって うれしいのです。

本当だったら 年末にこうであるべきなのでしょうが
私には 仕事や生活のスタイル上、この方がいいなぁ。
(↑開き直り!!?)
ほんとうに やっとお正月がきた気分になりました。
今なら お屠蘇やおせちもしっくりきます。
わ〜〜〜〜い!明けましておめでとう〜〜〜〜〜!!

もちろん、社会的には 元日に届く!ということが大切なんだろうけれど。
年賀状のやり取りでも 
どういうヒトか どんなことを考えているかががわかるので
いろいろと思いますが もう、
私はこんなんで すみません、すみません、と言うしかありません。

ところで。
せっかく書いた年賀状ですが、切手が思いのほか足りなくなり
近所のコンビニなど探したのですが
みんな売り切れでした。 とほほ。

2008年01月05日

優秀なアシスタント出現

%E9%99%BD%E4%BB%8B%E3%81%A8%E3%83%9E%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%B3.JPG

12月31日、試作をしたいものがあったのですが
ほかにもやらなきゃいけないこともあって
どうしようと思っていたら 優秀なアシスタントが出現!
甥っ子の陽介です。
お菓子作りが好きで お友達とのクリスマスパーティーには
全部自分で作って飾ったショートケーキを
持って行くほど。
母の家に来ていた彼にお伺いしてみると 快く引き受けてくれ
2種類のマフィンを作ってくれることに。

計量も正確にするので これは頼もしい!!と思っていたら
テレビでK-1だか なんだかの番組が始まると
気もそぞろになり、
ふらふらっと テレビに吸い寄せられてしまうのです。
ちょっとぉぉ〜〜〜〜と言うと
かわりに 彼のお兄ちゃんの健介や私の兄が来て
続きをやってくれました。
バターをポマード状にして 砂糖を混ぜていくところでは
もう、いい?いい??と 何度も聞く彼らに
まぁだ まだっ! もっと白っぽくなるまで、やって!
もっとチカラ入れて混ぜてよ!!と 私は言いたい放題。
兄には オマエ鬼だな、と言われました。

でも、無事においしく焼き上げてくれました。
マフィンを冷ましながら ほっと一息 コーヒーブレイク。
プチシェフは ミルクを飲みながら レシピの整理。

2008年01月04日

あの、あのですね・・・

%E3%81%BF%E3%81%8B%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AD%E3%81%99%E3%82%99%E3%81%BF.JPG

え〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとぉぉぉ・・・・・
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・ ・・・・・・・年賀状を 書き始めました。
すみません。

2008年01月03日

数える 数える

%E7%8B%AC%E6%A5%BD%E5%A4%A7%E6%A0%B9.JPG

元日は 家族で雅叙園におせちをいただきに行きました。
昨年は ウエスティンに行ったので 今年は雅叙園にしたのです。
両方とも 和室の個室でゆっくりいただけるので いい感じ。
雅叙園の和室はかなりゆったりして、とても静かでした。
写真は かつら剥きの大根で独楽型の器を作り
そのなかに 合間のまぐろのお造り。
家族一同 この細工物に感動!
お食事が終わって帰ろうとしたら、偶然、カフェで
アフタヌーンティーを楽しんでいた親戚に遭遇。
思いがけず、早々にお正月のご挨拶もできました。

噂の漆張りのお化粧室にも行きました。
雅叙園は まるでテーマパークのようです。

2日は 母と二人、領収書の整理・・・。
母が先に終わり、途中、手伝ってくれました。ラッキー!!
最後は 私ひとりでがんばり、夜の12時半に一段落。

途中、朝から座りっぱなしで作業をしていたので
気分転換に散歩しよう、ということになり、1時間ほどの散歩。
夜ごはんは 関西風のすきやき。〆は るみちゃんのうどんで。

領収書整理は つらい作業です・・・。
計算が苦手なのもあるけど、たまりにたまっていくと
12ヶ月分の だめな自分を正面から突きつけられることになるからです。
だから どんどん嫌になるのです。
領収書を整理する、ということより、だめな自分と向き合うことが嫌なのです。
もう、泣きたいよぉ、と思いつつ、ぴろぴろ整理しながら 合間に
イチロー選手のドキュメントを横目で見ていて
“弱い自分と決別する”と言っているのを聞いて 
おお、まさに今の私のことだ!!と思いました。
そして、イチロー選手がヒットを打てず、不本意な成績で
今シーズンが終わるのが決定的になった打席のあと、
守りのポジションについて、目に涙を溜めているのを見て
ぼーぼー泣いてしまいました。
イチロー選手のプレッシャーやストレスに比べれば
私の 領収書整理なんて へ、な ものです。
そのあと、座り直して 涙で濡れた領収書を
マッハな心意気でやっつけました。

ところで。
整理をしていると、自分の無精を棚に上げ
なんやかやと ぶつぶつ考えます。
レシートの大きさや印字の様式を全国で統一してくれればいいのに、とか
食品のレシートは ピンクで、備品のレシートは青、とか
してくれればいいのにぃ、とか
っていうか、買う時にレジで これは ○○分の経費です、とか
申告すると、それが相手のところや税理士さんのパソコンに
申請されるオンラインシステムがあればいいのに!とか。
このシステムはかなりいいんじゃないんでしょうか!?
システムプランナーの方、このアイデア、ぜひ、実用化してください。
できれば、今年中に!

2008年01月02日

Love & Peace 2008

%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%81%AE%E3%81%B2%E3%81%9F%E3%82%99%E3%81%BE%E3%82%8A%EF%BC%92.JPG

Bonne Annee !! 2008

朝 起きたら 床にハート形のかわいいひだまり。

大晦日の夜は 氏神さまにご挨拶した帰り
家のドアの前で ふと見上げた夜空に
流れ星を見ました。

なんか いい1年になる気がします。


今年もよろしくお願いします。