« 2008年03月 | blog TOP | 2008年05月 »

2008年04月15日

集中力!と念じる

%E3%82%BD%E3%83%AF%E3%83%AC%2708-4%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%A9.JPG

写真は今月のクラスソワレのお魚料理。
鯛をハーブをいれたオリーブオイルで一定の温度を保ちつつ
火を通すテクニックで ふっくらジューシーに
仕上げました。
レモンを加えてぷわぷわのマシュマロみたいに作る
オランデーズソースに 極太の白アスパラガス。
幸せな 春の味です。
レモンはお友達のご実家が作っている 無農薬レモンで。


怒濤月刊です。
今日はお菓子の撮影でした。
なんだか、かわいいことになってうれしかったし
メンバーも楽しかったです。
お菓子の並べ方では、編集さん、カメラマンさん、スタイリストさんが
あれもいい、これもいいといろいろ考えて試してくれて
いちばんすてきな感じで撮ってくれました。
さすが、皆さん、プロ中のプロです!

今月は29日までお休みなしで 
これから毎日のように雑誌の撮影が続きます。
楽しみだったり、買い物とか仕込みとかがちょっと心配だったり。
今日や明日の撮影の準備をしつつ、明後日や明々後日の
撮影の買い物の手配や準備、仕込みの段取りを考えていかなければなりません。
これをぴしっ、ぴしっと当てはめていかないと
材料が手に入らなかったり、準備ができなかったりします。
だから 綱渡りな気分でひやひや、どきどきするけれど、
実は それをクリアしていくのが ココロのどこかで楽しかったりします。
アドレナリン、ですな。ランナーズハイ??
でも、一番大事なのは 集中力。
集中力がきれないよう、むうん!!と リキを入れてがんばります!

この怒濤の日々が一段落着く頃には カレンダーがめくれているはず。
5月です。
なんか、それも感慨深い。

2008年04月08日

大きい!

今日、レッスンの材料の買い出しに行ったら
なぜか琴欧州さんに遭遇。
その大きさにびっくりです。
あんな大きいヒトと取り組むなんて、私だったらぜったい嫌です。
だって、ぜったい 怖いってば!
なのに、お相撲さんてすごいなぁ。
同じ棚を見ていたので、こっそり握手してもらっちゃいました。


ところで。
前にテレビのフードコーディネーターのお仕事をしているとき、
番組のゲストで現役の貴乃花さんがいらしたのですが
その色っぽさというか艶っぽさというか、
いや、やっぱり、色気、というのがふさわしいなぁ、
にびっくりしたことがあります。
俳優さんならともかく、お相撲さんに色っぽい、なんて
思いもしなかったので ほおお!!!と驚いたものです。
ちなみに佐藤浩市さんも なんともいえない色気があって
この上なくすてきでした。

おばちゃんっぽくなってしまったので、このへんでやめます。

2008年04月07日

クラスソワレのメニュー

クラスソワレのメニュー
今月はさわやかに レモン特集 です。

蕗のムース
春の香り、蕗をムース仕立てにしたアミューズ。

ホワイトアスパラガスと白身魚 レモン風味のオランデーズソース
レモンの酸味を生かしたぷわぷわのマシュマロみたいなソース。
ホワイトアスパラガスとよく合います。

豚肉の黒こしょうロースト レモンオニオンママレード
タプナードソース
黒こしょうのミニョネット(荒つぶし)をたっぷりきかせた豚肉に
レモン風味の玉ねぎのママレードを添えます。
南仏を代表するペースト、タプナードも作ってさらにソースに仕立てて
添えます。

バナナのあつあつスフレ、黒ビールのカラメルソース
かんたんに作るスフレです。黒ビールの風味のカラメルソースでいただきます。

では、レッスンでお待ちしております。

サロンド早苗 日本料理クラスのメニュー

サロンド早苗の日本料理クラスのメニュー

鯵と香味野菜の梅だれ
鯵をさっぱりした梅だれとお野菜でいただきます。

花寄せ椀
色とりどりのお野菜と進女で作ったお花のとうなお椀

筍と海老の飛竜頭 蕗のオランダ煮
ふわりほろりとおいしい手作りの飛竜頭。蕗も添えて春の風味です。

太刀魚の幽庵ポテト博多焼き
太刀魚を柑橘で漬け焼きします。

甘鯛の桜蒸し
桜の風味のお餅を作り添えます。

2008年04月05日

バナナに惚れ直す

%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD%E2%97%8E.JPG

昨日いち日の最後のお仕事は 18時半からの撮影。
さくさくっと進み、終了したのが21時半過ぎ。
で、みんなで ちょっと軽くつまみながら
気に入って箱買いしたイタリアの白ワインを開けちゃいました。
いやぁ、おいしいのう。
プロデュサーさんが 持ってきて下さった赤も開けちゃって
ぐびりぐびりと楽しい夜でした。

ところで。
ここのところ、バナナケーキにはまっています。
今まで、いろいろと思考錯誤しては途中で投げていたのですが
先日、これは、かなりおいしいのではないか!?という
レシピができました。
まさに 瓢箪からこま、的な感じで。
撮影で作ったら、数品ある中で やっぱり、いちばん評判がよかったです。

写真は、さらに進化させて カラメル風味にしたもの。
これも、かなりおいしいのだ。
う〜〜〜ん、バナナは偉大だなぁ。
特に 火を通している時の 何とも言えないあまぁい匂いが
大好きです。なんであんなにいい匂いなんだろう!!?
ずるい!ずるすぎる!
ということで、ソワレのクラスのデセールは 
バナナのあつあつスフレにする予定です。

2008年04月03日

ままごとごはん

%E3%81%BE%E3%81%BE%E3%81%93%E3%82%99%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%99%E3%81%AF%E3%82%93.JPG

レッスンが終わってから 来週のクラスの試作をしました。
合間にごはん。

芽キャベツとサラミのキャラウェイ風味
プチトマトとクレソンのおかか柚子醤油
さの萬さんの朝霧牛、赤ピーマン、コーンの塩焼き
こむすび。 桜花のせと蕗の葉の佃煮(母作)いり
つくしのおひたし
飛龍頭と蕗のお煮もの
芽キャベツとハムのクリーム煮

芽キャベツは、ほかのお仕事の試作のため、2種類となっております。

おかずが入っている器は 実はお湯飲み茶碗です。
なので、ちっさいのだ。
つまり、おにぎりもちっさいのです。それが言いたいのです。

ああでもない、こうでもない、と作り続けていたら
気付いたら 夜中の1時をまわっていました。
あわてて、帰る準備。
アミューズだけがどうしても納得いかず・・・
日曜日にもう一度、やってみよう。

夢中になると、とことんやりたくなってしまう癖を
今年は どうにかしたいものだ。

2008年04月02日

今年のお花見

桜が咲きました。
あっという間に 春です。
先週末は お花見が絶好調な感じでしたが、
私は土曜日、日曜日ともに撮影でした。
でも、終了後、隣の酒屋さんでビールを買ってきて
みんなで、残ったお料理をつまみ 
窓から見える向かいの桜を眺めながら
連日、お花見(?)をしました。
カメラマンさんは“そのつもりで 車で来なかったんだぁ”と
用意周到な感じ。
2日とも おいしいお肉の撮影だったので、どうしても
しゅわっとしたビールとか、ワインが飲みたくなるのですぅ。
1日目は 翌日もあるので、さくっと軽めに
2日目は ワインもあけました。
この撮影では 8kgもある骨付きのハムがあり
撮影後はみんなでかわるがわる苦戦して解体。
(まさに解体と呼ぶにふさわしい大きさと重さ!)
それに、バーベキューのシーンも撮影したので、
室内でバーベキューまでし、盛り上がりました。
もう、まさに、肉祭り、です。

初めは、屋上に行っちゃう!?という案もあったのですが
日曜日は寒かったり、お天気がくずれたり、だったので
室内で楽しんでいた私たちは うひひな感じで
テンションも上がりました。

これが 私の今年のお花見です。

ところで。
このおいしいお肉は 静岡のさの萬さん、というお肉屋さんのもの。
よりすぐった牛肉もおいしいのですが
豚肉に並々ならぬ思い入れがあり、
九州から おいしい豚を育てるスペシャリストを家族ごと
呼び寄せた、というほど。
まず驚くのは、時間をおいてもお肉のドリップがほとんどでないこと。
これは、お肉の品質の良さを証明することでもあります。
あと、脂が あまぁい。豚は脂で決まる!というのがよくわかります。
もちろん、お肉も味が濃くておいしいのです。
でも、丁寧に育てているため、量がとれず、
週1回しか提供できない、という貴重なお肉なのです。

このお肉を使ったメニューをさの萬さんのHPで提案していますので
ぜひ、見て下さい。(富士宮 さの萬ででてくるはず)
しばらくすると、この時撮影したお中元用のカタログもでますので
そちらも、ぜひ!
おすすめは、穴場(?)のハンバーグ!
牛肉もおいしいけれど、豚肉のがおいしいのだ!
贈りものにしたら感動されるはず。
あと、さの萬さんのロングセラー・味噌漬けもかなり美味です。
注文の際は 私のHPで見たことを伝えて下さい。
そうすれば、親切に対応してくださるはずなので!!

最新の著書