« 2008年04月 | blog TOP | 2008年06月 »

2008年05月30日

これもホントの話

私が 有楽町線の車内で白ワインの瓶を割ってしまったまさに翌日、
母、早苗は 私が飲むのを楽〜しみにとっておいた
ビオの赤ワインの瓶を落として割りました。

・ ・・・。
遺伝子、ですかね?

ですけど
こんな所においてあるなんて、落とすに決まってるじゃない!と
逆ギレされました。

・ ・・・。
どうやら性格は違うようです。

2008年05月29日

嘘のようなホントの話

昨日は さんざんでした。

まず。
新富町のとある場所に行くことになり、乗り馴れない有楽町線に乗り
緊張しつつ行き先の地図を握りしめて 
地図の指示通り、1番出口とやらに出ました。
たいてい、出てからが地図と照らし合わせてもわかりにくいのよねぇ、と
思いつつ、きょろきょろしたら、すぐに、地図通りの首都高を発見。
あら!?今日は楽勝!?と思いつつ、とても明るい気持ちで
地図を見ながら首都高をくぐり、ずんずん歩きましたが、
地図と、今歩いている道なりは合っているのに、
地図に書いてある目印が ひとつも見つかりません。
そのうち、なんだか閑散としてくるし、ワインを持っていたので
重いし、困ったなぁ、と思っていたら
サラリーマン風のおじちゃまがこちらに向かって歩いて来たので
すかさず、呼び止めました。

遠慮がちに、銀座の方向はどちらですか?と聞いたら
あっちですけど、ずっとあっちですよ、と言うのです。
でも、地図上では、すぐそこのはず。
私が右手に持っていた地図に気付いて、おじちゃまが
どこに行きたいんですか?と聞いてくれたので
地図を見せつつ、ここに行きたいんですけど、今、ここだから
あっちですかね? と私が指差す方向と
おじちゃまの、えーっと、ここがこれだから、ぐる〜〜〜〜〜っと
あっちですね、と指差す方向がまるで反対なのです。
自信のあった私は、違いますよ〜〜〜、あっちですよ〜〜〜〜!と
内心、おじちゃま、この辺のことわからないのね!?と思いつつ
笑顔で言い切っていたのですが
おじちゃまは、え〜〜〜〜〜? う〜〜〜んと、この地図、どうなってるんだ?
と、熟読。
で、あなた、ここまで、ずいぶん歩いてきたでしょう?と言うのですが、
私は、つい先ほど、ほらあそこの1番出口を出たばかりですよ、と
指差し、また、二人で 顔を見合わせ ???。
その時、私、はっとしたのですが
ここって、新富町の駅ですよね!?と聞いたら
おじちゃまは、
えっっ!!? ここ、銀座1丁目ですよ!! と目をぱちくり。
あなた、新富町の地図見ながら、ここ、歩いてたの!?と
さらに 目をぱちくり。
いやぁ〜〜〜〜ん! 新富町で降りたと思ってた!
だって、首都高って書いてあるし!!と言い訳を言ったら
おじちゃまは あきらかに 笑うのをこらえていて、
首都高はずっとつながっているんですよ!と 優しく言ってくれました。
ずいぶん歩きますが、ともかく、
今来た道と反対に歩くんですよ。そして、あなた、50mおきくらいに
歩いている道が合ってるか、人に聞きながら行った方がいいですよ。とも
教えてくれました。
とても親切で優しいおじちゃまでした。あのおじちゃまに幸あれ!と祈りつつ、
歩くなんていう無謀なことはやめて
もう一度、電車に乗って、新富町で降りた方が安全よ!と
再び 電車に乗りました。

で、新富町で降りるとき、なんでだか、
ワインをすとん!と落としてしまい、
あっ!と思ったのも束の間、つーーーーーーーっと 黄色味の強い
お気に入りのイタリアの白ワインが車内の床を流れ始めました。
ああ!どうしよう、と思いつつも、袋ごとワインの瓶を拾い上げ、
あわてて降車しました。
手に持った袋からも、ぽたぽたワインがこぼれてきます。
あわわわわ・・・・と あせりつつ
電車を降りて振り向くと、床を流れる液体に気付いた乗客の人が
!!??という怪訝な顔をしています。
私は、思わず、ホームから
違います!ワインです!!すみません!でも大丈夫です!!と
叫んだのですが、無情にも電車のドアは閉まり、発車してしまいました。
ゆっくり走り出した車内の人々の驚愕の表情を見送りながら
テロって思われたらどうしよう!!??と あせりました。
よりによって私、黒いつばの大きい帽子をかぶり、
サングラスまでしてたんです・・・

もう、ほんとうに とほほです。
ご迷惑をおかけした 見ず知らずの皆様、本当にすみませんでした。

2008年05月27日

ウクライナチョコ

%E3%82%A6%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%B3.JPG


夏のような暑さでした。
今日は料理通信さんの方々と打ち合わせでした。
楽しかったです。

夜は急遽、オトモダチがごはんを食べに来てくれることに。
撮影が続くと、余ったりした材料で冷蔵庫の中がいっぱいになります。
次の仕事の材料がしまえなくなるので どんどん整理しなくてはいけません。
もちろん、処分するのは抵抗あるし、冷凍するにも冷凍庫もいっぱいなので
食べるしかないのです。
材料は傷んでいくので、急がなくてはいけないし、
この整理が タイミング的に意外とたいへん。
一気に わぁ〜〜〜〜〜っと片付けたいので。

そこで、その片付けを手伝ってもらいます。
つまり、おなかをうんとすかせて来てくれるヒト、
いっぱい食べてくれるヒトにS.O.Sを出すのです。
といっても、お願いするのはいつもおんなじヒトビトなのですが(笑)
近くに住むモリモリ食べてくれる二人が すぐに来てくれました。
おかげで 冷蔵庫もすっきり!
いつもありがとう!!

さて、そのうちの一人は先日ウクライナから帰国したばかり。
不思議なウクライナの話を聞きつつ、爆笑しながら
わしわし食べました。
写真はお土産のウクライナチョコ。
ちょ〜〜〜〜かわいい!!
かわいすぎて 包み紙をむけません。


* お知らせ
数日、携帯を持っていなかったので、連絡を下さった方々
すみませんでした。留守電が消えているかもしれません。
(23日以降のは残っていました)
お心当たりのある方、たいへんお手数ですが、もう一度ご連絡をお願いします。

2008年05月26日

クロワッサン、見て下さい!

%E3%81%8A%E3%81%9D%E3%81%AF%E3%82%99%E3%81%A8%E3%81%8B%E3%81%8D%E6%8F%9A%E3%81%91%E3%82%99.JPG

『クロワッサン』が 発売になりました。
ダイエット特集です。(笑)
今年に入ってから 編集の方に、
「渡辺さん!やせたいでしょ!?(ダイエット)やってみない!?」
と言われたのですが 料理を作る仕事以外で結果を求められ、
結果をださなきゃいけないことは嫌です〜〜〜〜。(やせたいけど)
ということで、制限の少ないお献立の企画に挑戦!
それでも、入らなくなっていたスカートがとまるようになり
私としては、かなり誇らしい感じ。
でも、誰にも 痩せたねぇ!とは 言われません。(・・・涙)

けれども、この方法で 体調がよくなったのは本当。
糖質を抜く、という方法なのですが、ごはん大好きの私としては
ありえない!と 思っていたのに、
ちょっとひどい風邪をひいたのをきっかけに、
夕飯のごはんをなんとなく抜き始めたら
よく眠れるのと、翌朝の調子がいいので、
今では、夜ごはんの主食はおそばが主流に。
いつまで続くかわかりませんが(←これがいけないところ)
こうすることで、自分の体調がよい感じに変わる、ということを
知ったことも、とてもいいことでした。
そして、なんだかんだと外食が続いて、ごはんとパスタを連日
昼、夜と食べた1週間で ぐん!と太ったのには びっくり。
ほうほう、やはり、こういうことか、と納得です。
ご興味ある方には ぜひオススメします。
写真は夕ごはん。
胡麻そば、桜えびと葱の青いところのかき揚げ、焼き葱の味噌和え、
ルッコラとラディッシュ・かりかりベーコンのサラダ

週末は 天然生活さんの撮影がありました。
撮影後、みんなで賑やかに試食。
みんなが帰った後、編集の方と話し込み、ほほう!と感動したりしているうち
ゆるやかに日が暮れ、久しぶりにおしゃべりを楽しんだ
のんびりよい1日を過ごしました。

昨日の夜は オトモダチ3人と一緒にウチでごはん。
なんだったかな?
スモークサーモン、サワークリーム、レモン
蕪のピクルス、セロリのカレーマリネ、
ELLE a tableでやった鶏肉の香菜蒸し、そういえば、この号の掲載誌を
お願いしたけど、まだ、送られてこない。ので、どんな風に載っていたか、
自分でも見ていません(笑)。もう一度お願いしてみよう。
北海道のチーズ
モッツアレラ、トマト、ルッコラ
レンズ豆とソーセージ
新ジャガのセロリジェノヴェーゼ和え
お持たせの タコのわさび漬け・胡麻豆腐・茄子の味噌漬け。
お持たせの冷麺。
デザートもお持たせのKIHACHIロール。柚子の香りのクリーム。
ふわふわでした!
もうひとつ お持たせのタカギのクロワッサン、ブリオッシュ。
しっかり味でおいしかったです。
ビール、白ワイン、赤ワイン、ミルティーユの食後酒
もうひとつ、お持たせの 限定日本酒の存在をすっかり忘れていたので、
ウチの冷蔵庫でキープすることに。
次回、近いうちにぜひ同じメンバーで、いただきたいです。

2008年05月16日

薫堂さん

久々になってしまいました。スミマセン。

昨日は 小山薫堂さんと対談しました。
料理の鉄人のお仕事をしている時に 何度かお見かけしたことはありますが
まさか、こんな風にお会いできることになるとは・・・
お会いできてとてもうれしかったです。

同席してくださった編集長さんが、帰り道、
なんか、今日はいつにも増して盛り上がった!とおっしゃる通り、
お話の中にいろんなジャンルのお店が どんどん出てきて
やっぱり さすが〜〜〜〜!と 目の前のナマ薫堂さんに改めて感動。
たくさんいいお店を教えていただきました。
全部行きたいです!