« 2008年06月 | blog TOP | 2008年08月 »

2008年07月28日

はんど&はあとに載っています。

『はんど&はあと』の9月号に載っています。
これは、ベネッセさんが出している月刊誌で
本屋さんで売っておらず
定期購読の方のみに宅配される雑誌なのですが
なんと10万部も出ている、というモンスター雑誌です。
私はここで3年間 連載をさせていただきましたが
今回はゲスト出演(?)。
スティックケーキを数種類作りました。
購読している方はぜひ、見て下さい!

先日は この雑誌のクリスマス料理の撮影をしました。
ホットなクリスマス気分でした。

フリマ 終了!

フリマ、無事終了しました!
来て下さった方々、ありがとうございました!

私もかわいいモノモノをゲットし、減ったはずのものが
また増えて、プラマイゼロ?な感じですが
いいのだ。それで。

2日間、たくさん食べました。
なぜか、食べ物の差し入れをたくさんいただき、
わ〜〜い、わ〜〜い、と もぐもぐ1日中(×2)食べていた感じ。
今日はアイスをふたつ食べちゃいました。しあわせ。
近くで盆踊りをしていたので、合間に焼きそばもゲット。
塩味から甘み、A級からB級まで網羅です。


ところで。
夜中に仕事のモノを送りにコンビニに入ったら
レジにお笑いの有田さんと山崎さんがいました。
すごいびっくり。
私はその横に並んで待っていたのですが
二人が出て行ってから
レジのお兄さんは“ボク びびってしゃべれませんでした・・・”と
言っていました。 かわいい〜〜〜。

先日は ちょっと遠回りした帰り道、
そこは人も車もあまり通らない道なのですが、
歩いていたら路肩に止まっているバンのドアが開いて
中から いや〜〜〜〜〜!!すごい暑い!!と大きな女性の声がしたので
通りすがりに ふと 見たら
岸本加世子さんが こちらをむいて座っていました。
女性の私でもどきっとするほど とっても魅力的ですてきでした。
そのあと滅多に行かないスーパーに久しぶりに寄ったら
小林麻美さんに遭遇。
おお!ご無沙汰!という感じですが
変わらず アンニュイですてき。
以上、話がミーハーな方へずれましたが 芸能人遭遇情報でした。
いや、違う。
フリマ、無事終了報告でした。

2008年07月27日

フリマ、盛り上がってます!

フリマ、楽しいです!
人気スタイリストの大畑さんは とってもかわいい
グラスや作家もののすてきなお皿なんか出してくれました。
(もちろん、私も購入!!)
日曜日の午後も いろいろ探して持って来てくださるそうなので、ぜひ!
昨日 来て下さった方々に大人気だった
コペンハーゲンシリーズを追加で持って来て下さるそうです!
大橋利枝子さんの小物も人気です。
撮影で使ったかわいいお洋服やヴィンテージのイギリスのすてきなかばん、
未使用のバックや利枝さん手作りの貴重なバックもでていますよ!
私のほうは、母の教室で使った食器をだしているので
お店をしている方なんかにもおすすめ。
10ケ以上のそろいでだしているものもあります。
和、洋食器があり。
今の時期に欲しいすだれのランチョンマットなんかも格安ででていますよ。

今回は店内は品物がたくさんなんので、掘り返してじっくり探すのが
よいモノとの出会いの必勝法です!!
日曜日の最終時間も 残っている物はお安くしますのでぜひ
遊びに来て下さい!!

2008年07月22日

天然生活 掲載のお知らせ

『天然生活』9月号に載せていただきました。
家族がテーマの号で
ずっと変わらない母の味 というページで
祖母や母の味・おばんざいを作りました。
ぜひ見て下さい。

フリマのお知らせ

急ですが
今週末 フリマをすることにしました!

撮影で使った食器や雑貨、ラッピングもの、
お教室で使っていた食器類なんかもだします。
おともだちの大橋利枝子さんなどのスタイリストさんたちや
近所のおばちゃまからの出品もあったりして
ファミリアルなフリマになりそうです! 

ぜひ遊びに来て下さい!

前回は2日間とも オープン前から並んで待ってくださった方々が
たくさんいらっしゃいました。
早いもの勝ちです。
でも、最終日の最後もお安くしますよ〜〜〜。


渡辺麻紀の真夏のフリマ!
2008年7月26日(土)、27日(日)
恵比寿 hotsumi GALELLY
http://www.hotsumi.com
12時〜19時まで

・ フリマのため、十分な梱包材が用意できません。買いそうな予感のある方は
 ぜひ 袋などをご持参ください。お願いします。
・ 同様におつりも不足ぎみです。小銭をお持ちいただくよう
 ご協力お願いします!

2008年07月19日

エコって、さぁ・・・・

大雨になる、というので、
急いで プチトマトを収穫し、ベランダの掃き掃除をした。
ちょっと邪魔だったので、エアコンの室外機を お尻でえいっと押したら
プシュ、っと音がして、ベランダの床に シェービングクリームみたいな
白い泡が もこもこ出現。

フロンガスだそうで、これが抜けると エアコンが使えなくなるそうだ。
メーカーに 電話で問い合わせたら
私が説明し終わらないうちに
古い型ですし、下手に直すより買い替えた方が安いですよ、と
あっさり言われた。
10年ちょっと経つので、もう、部品がないかもしれないし、とのこと。

これが、ふだん使っていて、少しでも、不具合を感じていたら
替え時、と思ったのだろうけど、
そんなこと、みじんも感じていなかったこともあり、
ちょっと びっくりした。

値段のことからしても、そうそう簡単に買える物ではないし、
なんか、その手軽な言い方、鉛筆 買い替えるんじゃないからさ、と思う。
この まだまだ使えそうなエアコンと室外機は、
大きなゴミになるんだよねぇ?

エコ、って 何なんですかね?
最近、さらにあちこちで にぎにぎしく言われているけれど。
スーパーの袋を断るのもエコ、それはもちろんわかるけど、
(といっても、このことにはいろんな説がありますが)
ほかにも急いで軌道修正しなきゃいけないもっと本質的な問題は
いっぱいあるのに。
経済が動いていくこととエコの 矛盾のない共存はどうやって?
でも、もし、エコエコという 
今、ここ最近の風潮をもり立てているモノモノが
それが大事で第一だ、と本気で思っているのなら、
もっとマジなやり方があると思うんだけど。
目先のエコエコばかりに 気を取られてしまうと
本当の問題は 覆い隠されてしまう。
怖いですなぁ。

2008年07月10日

ル・クルーゼ オーバルが・・・・・!!!

ル・クルーゼ 27cm オーバルが
右足の親指の上に落ちました。
痛い。

じんじん痛い上に
親指に力がはいらなくて歩くとふにゃりとするし
爪が あり得ない青色(コバルトブルー)になっているんですけど。
履いてた靴下は 葡萄色なので 靴下の色じゃないし。
まさか、そのうちの構成色が ついたの!? 
というか、爪全体が グレーになってきた気もします。

いやぁんん。どうしよう・・・・。

2008年07月09日

クラスソワレ 7月のメニュー

クラスソワレ 7月のメニューです。
今月は 毎年恒例のエスニック。
スリランカカレーがメインです。

オクラのコーンフリット
食感が楽しいフライ。揚げたてを召し上がっていただきます。

じゃがいものガドガド
インドネシア料理。ピーナツ風味のソースを作り、蒸し野菜と一緒に
召し上がっていただきます。

ナッツと海老のカレー
ナッツと海老で作るクリーミーなカレー。

スリランカ風チキンカレー
スパイシーなカレーです。好評です!

ポルロティ
スリランカのココナツの入ったパンのようなもの。
焼きたてをどうぞ。

マシュマロとヨーグルトのムース
マシュマロで作るムース。面白い食感です。
夜中に思いついた渾身のレシピ(!)です。
唐津の太郎衛門窯さんに送っていただいた夏みかんを添えて。

このほか、数種類付け合わせがでます。
お楽しみに!

では、お教室でお待ちしております。

2008年07月07日

久しぶりの横浜

父の命日なので 母と兄、甥っ子の健介と一緒に
横浜へお墓参りに行きました。

一時期、家族で横浜に住んでいたので、
兄が運転する車で向かいながら 懐かしくなりました。

父は都内に仕事場を持っていたので、
仕事の帰りによく母を迎えに来ていました。
母の仕事が終わるのを待って、母と私の3人で父の運転する車に乗り
目黒通りを下って、第3京浜にのって帰りました。
何度も何度も。
その道を通る時は たいていが夜で、混んでいました。
笑い話をしながらの時もあれば、
私が何かで怒られたりしてふてくされている時もあったし、
父の虫の居所が悪い時もありました。

横浜にもたくさん思い出の道があります。
父は歩くのと混んだ電車を嫌ったのと運転が好きだったために
私たち家族がどこかへ行く時は必ずといっていいほど
父の運転する車で移動しました。
三ツ沢から横浜駅の方へ抜けるゆるやかな坂道、
そこから見える下の方に広がる町並み。
目黒に向かう第三も懐かしい景色です。
朝、よく父に送ってもらいました。
目黒通りにのるまでは すいすい調子良く走れることが多かったので
少し高いこの道路から見える周りの景色が
とても懐かしかったです。
父はjazzとかが好きだったのですが
たまに、yumingのカセット(←カセットですよ!懐かしい!)に
替えてもらい、窓を開けて
気分よく歌いながら乗せてもらっていました。

父は“走り屋”で、私の記憶の中では
何台か乗り換えつつも いつもスカイラインに乗っていました。
私にはよくわかりませんが、エンジンとか、デザインとかが
かっこいいのだそうです。
革張りの固いシートは私にはけして心地のいいものではありませんでしたが。
母と結婚した頃は、ルノーに乗っていたそうで
もうだめだ、というところまで乗ったルノーを捨てるつもりで
乗り捨ててくると
数日後に警察から電話がきて、
あなたのと思われる車が置いてありますけど
大丈夫ですかぁ?と言われたそうです。
しかも、それを数回繰り返した、と言っていました。
・・・のどかな時代です。
いつだったか、父が新しいスカイラインに変える前日、
今まで乗っていて廃車になってしまうスカイラインに
自分で買って来た一升瓶の日本酒をかけていました。
父はお酒がのめなかったし、小学生の私にはなんの儀式かよくわからず
というか、普段、食べ物を無駄にすると、烈火のごとく怒られるのに
あんなことしていいの!?と
家の門のところの階段に座って、不思議な気持ちで眺めていた記憶があります。
よく走ったなぁ、とスカイラインに言いながら
父は お酒をかけつつ車のまわりをゆっくり一周していました。

入院をしていた頃、
もう、その頃は父の寿命は私たちにはわかっていたのですが、
せめて 健介が中学生になるまで生きていたいなぁ、と
ベッドの上で父がぽつりと言いました。
大丈夫よ!だから、がんばって!と私は言ったけれど
奇跡が起こるよりほか、あり得ない希望に、私は
うまく、言えなかった気がしています。
もっと力強く、もっともっと明るく言ってあげればよかった。

その健介もこの春に中学1年生になりました。
自分で選んで志望していた中学に 自分の力で入りました。
あの頃、細っこくてふわりとやさしい男の子だったのに
今や、声変わりもして、水泳部で毎日がしがし泳いでいます。
そして、父同様、機械に強くて
パソコンや、携帯の仕組みや裏技なんかを
家族のだれより、そのへんのどんな大人より詳しくて
私たちの一番の頼りです。
きっと今の健介と父が話したら、対等に専門的なことが話せて
話がつきることがないでしょう。
とても落ち着いて 
やわらかいのに理路整然と話ができる男の子になりました。
具体的な将来の夢も描き始めたようで
少しずつ少しずつ、まわりの大人の手の中から 離れていくようです。
それを私は まぶしく眺めています。
父は、そんな健介の姿を想像できていたかな?

4人で たわしでごしごし墓石を洗い、
水をじゃばじゃばかけて ぴかぴかに磨いて
お線香をくべたとき、
お墓の木々の間から すっと心地よい風が吹き抜けました。

こうやって、小さな家族がつながっていくんだなぁ、と思いました。
父の遺伝子を受け継いで
健介も 兄も、私も しっかり生きていきます。

2008年07月05日

今井美樹さんに遭遇

先日 クロワッサン編集部に伺いました。
私は、ぼわ〜〜ん、とした自他称“妊婦ルック”でいたのですが
この間 ダイエット号のお仕事をしたので
編集の方々に、そんなの着てるけどその後どうなの〜〜!?
と つっこまれました。あいたたた。
すっかりダイエットのことが飛んでいる私です。
もちろん、妊娠していませんが
あの だら〜〜〜ん、としたのが好きなんです。楽だから。

この日はほかに数カ所用事を済ませて知り合いなんかにも会ったりして
帰り道、探し物をしに百貨店に行ったら
今井美樹さんに遭遇。
ふと横を見たら いらしたのです。
帽子もかぶらず、サングラスもせず、そのまんまで
お買い物していました。
もうもう、すごくかわいくて
何がかわいいかって、目がすてきです。
スタイルもよくて ほぉぉぉぉ〜〜〜〜!という感じです。
お店の人に質問している声も ちょっと鼻にかかったような感じで
いい意味で湿り気があって すてきでうっとりします。
帰り道はprideを口ずさみながら歩きましたで。

そういえば、この前は 打ち合わせのあと
時間はずれのお昼ごはんを食べにやっと見つけて入ったお店で
先客が一組、二人だけいたのですが
そのうちのひとりが 板倉さん、というお笑いの人でした。
小さな店で席が近かったのですが
聞くともなしに聞こえてきてしまった話で
ああ、どんな仕事もたいへんだなぁ、と思いました。
がんばれ、板倉さん!

以上、芸能人遭遇情報でした。

最新の著書