« 2009年02月 | blog TOP | 2009年04月 »

2009年03月26日

青春の食卓

0322%E9%9D%92%E6%98%A5%E3%81%AE%E9%A3%9F%E5%8D%93%E5%AE%9A%E9%A3%9F.JPG

もう、とてもお腹がすいていて
でも、時間もけっこう遅くなっちゃったし
たまった洗濯もしなきゃいけないし
アイロンもかけなきゃいけないし
明日の準備もいろいろあるし・・・
ということで、ざぁぁぁぁーっという夕ご飯。

いただいて冷凍しておいた鎌倉・井上の小判揚げと
キャベツの酢炒め。
お豆腐とトマトと三つ葉とレッスンの残りの
冷凍しておいた鯛のしっぽの方のスープ
ごはんに古漬けのきざんだの。

こういう、じゃじゃっと作るごはんを
私はココロの中で“青春の食卓”と呼んでいます。

きゃべつの酢炒めは、
小学生の頃、よく作っていたもの。
お夕飯の準備の時、私も何か作りたい、とうるさい私に、
母がまかせてくれたもののひとつ。
というか、たぶん、私がまとわりついてうるさいので、
これでも作らせておこう、と思っていたのだと思いますが。(笑)
熱した油に、水滴の取り切れていないキャベツを入れると、
びちばちっ!っていう破裂するような音がして、
一瞬、ひるむのだけれど、
それに負けずに、えい!えい!えい!と
じゃんじゃか炒めて仕上げると、
あの頃の私にとっては ああ!料理したわ!と思える
ものすごく満足感のある“ひと皿”だったのです。
今でもたま〜に作りますが
作るたびに、そんなコトを思い出します。

作り方はかんたん。
ちぎったキャベツをサラダオイルかごま油で
炒めて、お水少々をいれ、お塩で味付け。
火のとめ際にお酢をちろっとまわしいれるだけです。
ほんと、小学生仕様の作り方で、
やっぱりちょっと、ビンボーレシピっぽい・・・。
でも、さっぱりしているので、
脂っぽいお料理、脂の多い焼き魚や、ハンバーグなどの
ちょっとした付け合わせにも便利だし、
お弁当に添えるのもおすすめ。

2009年03月25日

飽きない

0319%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%B9%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%99.JPG

お友達が庭に咲いたクリスマスローズを
くださいました。

見て見て〜〜〜〜〜〜〜!と
じゃぁ〜〜〜〜〜〜ん!と咲く花もあれば、
恥ずかしそうに、そうっとそうっと咲く花もあります。
きれいなのに、下を向いて咲くところがまた、
この花の控えめな魅力。
だけど、実は派手なデザインだったりするのに。
そこで今日は、スープ皿に上を向かせていけました。

オレンジのラナンキュラスは
ちっさいちっさいつぼみなのに、
ほろんほろん・・・と開き始めると
いつのまにか、ほろほろほろほろほろ〜〜〜〜〜っと
幾十重にも花びらが重なって開きます。
そのなんともいえない美しさも例えようがなく、
いったいどうなっているの??と、じいっと見つめてしまいます。
見ても見ても飽きません。
明るくやわらかな、このオレンジ色も好き。

そういえば、小学校1年生の時、作文で
将来、なりたいものはいろいろあるけれど
今はお花屋さんになりたいかも、
なぜならば、きれいなお花に囲まれてうっとり過ごしたいから、
といったことを書いて、
クラスで二人ずつ選ばれる学校の文集に載ったことがあります。
先生が赤ペンで
うっとりすごしているまきさんのおかおが
みえるようですよ、と書いてくれました。
それを見て、ちょっと恥ずかしいような、うれしいような気持ちに
なったものだったなぁ。

この花の前を通るたび、ついつい立ち止まって
花をのぞきます。
やっぱりきれい。
お花屋さんにはならなかったけれど
うっとり過ごすことだけは 当たったみたい。

2009年03月24日

おやつは

0320%E3%81%8A%E3%81%AF%E3%81%8D%E3%82%99.JPG

お彼岸の入り。
お教室のスタッフ、たまちゃんが毎年作ってくれる
おはぎ。
たくさん作って箱に詰め、持って来てくれます。
正確には この時期はぼたもちというのでしょうか?

おいしく、ありがたくいただきました。
はい。ふたつも!

そして

0903%E2%97%8B%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%AB%E3%82%B7.JPG

3月のレッスンのメイン。

シューファルシ。
フランスのロールキャベツです。

こちらは

0902%E9%B6%8F%E3%81%AE%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%AD.JPG

2月のレッスンのメイン。

鶏と海老のルーロ。

ということで

0321%E3%82%B3%E3%82%99%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%9A%E3%83%AB%E5%AE%9A%E9%A3%9F.JPG

ゴーヤ定食に。

ゴーヤチャンプルーと
トマトとクレソンと帆立のベトナム風スープ。
しめじはかんたんホイル焼き。
お酒少々と薄口醤油少々、バター、黒胡椒をのせて
ホイルでふわりと包み、
テフロンパンにのせ、蓋をして中火にかけて蒸し焼き。
レモンをしぼっていただきます。
お豆腐にはザーサイのみじん切りとオニオンフライをのせて
ナンプラーとごま油をかけます。
トマトのスープは酸味があって好きで、よく作ります。
トマトをたくさん買うと、食べ進むタイミングがずれると
最後の方はちょっとやわらかくなってしまいます。
熟したトマトが好きなのに、生のやわらかいトマトの食感には
積極的になれない私は、こういうトマトを
こんな風にスープにしたりします。
鍋に中華スープ、ころころに切った帆立、トマト、お酒少々をいれて
火にかけます。
煮えたら、ナンプラーで味をつけ
ざく切りにしたクレソンを入れてすぐ火をとめます。
それだけ!
暖かくなってくると、ナンプラー味が食べたくなります。
ナンプラーは、そのままの匂いだけ嗅ぐと
苦手と思う人もいるかもしれませんが、
ちゅちゅっと入れるだけで、お醤油と違う旨味が出るので、
手早く作りたい時には、おすすめの調味料。

ぴちぴちの

0321%E7%99%BD%E3%82%B3%E3%82%99%E3%83%BC%E3%83%A4%E3%81%A8%E6%9C%AC%E3%81%97%E3%82%81%E3%81%97%E3%82%99.JPG

しめじと白ゴーヤ。

なんだか、どちらもころころしていて
かわいいのです。

まったく季節外れですが

0811%E3%83%8E%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%99%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%83%AB.JPG

去年のノエルのレッスンで。

シュトーレンとカシスのグラス

忘れていましたが

0811%E3%83%8E%E3%82%A8%E3%83%AB%E5%89%8D%E8%8F%9C.JPG

去年のノエルのレッスンで。

帆立貝とハヤトウリのレムラード。

2009年03月23日

やっぱり!

さっき見たのだけれど
Yahoo!で トイレの長時間使用についての記事が
配信されていた。(笑)
やっぱり、メールを打ったり、寝たりするヒトがいるそう。
ほうほう、なるほどね。
深く納得。

って、こんなにトイレの話が長引くとは思わなかった。
(というか、長引かせているのはまぎれも無く自分ですが)
河童さんか、私は?

2009年03月19日

私の中の遊牧民的なモノ

自分は、定住安定型、だと常々思っているけれど、
時々、
まるきり違う土地で生活してみようかな、とか、
ふと真剣に思ったりして、
その度に、そんな自分に驚く。

春だからかなぁ。
ぽかぽかして、歩いていて気持ちいいからかなぁ?
ふらふらとどこか違う居場所を探してみたくなる。
もちろん、好奇心で。

ミニマムな生活。
リュックひとつで、気の向くまま
生活の場を変えていくことに憧れたりする。

もっと、もっと、若い時に
そんな生活をしてみるべきだったなぁ、と
少し悔やむ昼下がりの陽だまり。

2009年03月18日

痩せるヒト、太るヒト

テレビのお仕事をしているトモダチから電話があった。
最近、番組をまかされているらしく(すごい!出世だ!)
お菓子やらパティシエさんのことを聞かれたので
いろいろと話していて
相変わらず、たいへんそうだね、と言ったら
そういえば、痩せちゃってさ、とのこと。

周りの人に、そんなに痩せちゃって大丈夫?
とあまりにも言われるから、計ったら5キロも痩せていたんだって!
元気なんだけど、やっぱり、少し抵抗力が落ちたような・・・と言う。
忙しくなると、ご飯どころじゃない、という気持ちになって、
ごはんもおやつもぜんぜん食べなくなるらしい・・・
もうしばらく忙しいから、もっと、痩せるかも、とのこと。
ええ〜〜〜?大丈夫???

私の場合、なんだか、太っていく。常に。
なので、本人は忙しくて、ぱつぱつになっていても、
いつもトモダチには心配してもらえない。(気がする!!)
だから、
もうだめ・・・と言っても
忙しいって、飲んだり食べたりで忙しいんじゃないのぉぉ??と
疑いの目を向けられたりする。(ような気がする!)

ずーっと前にも、一緒に働いていた同僚が、
忙しい時期、どんどん痩せていくのに対して、
私は逆に太っていくので、
私が同僚の生気を吸い取っているようで
とても居心地が悪かったことがあります。

そう考えると、やはり、
私の危機感、というのは、さほどのモノでなかったのか????と
思えてきますが・・・。
いや、違う。
違うのは体質だと信じたい。

できることならば、トモダチに
私の贅肉、いくらでも差し上げたい・・・・。

という冗談はさておき。
テレビのお仕事は、規模がとても大きくて
関わるヒトもすごくたくさんいて、
結果がすべての本当に厳しい世界。
自分のちょっとしたミスや甘えが、その全部に影響することを思うと
日々のストレスの大きさは計り知れない。

いずれにせよ、番組を任せられるようになるまでに
味わった苦い思いはいかばかりか・・・。
だからこそ、がんばって乗り切ってほしい、と
切に願います。

2009年03月12日

再びのおトイレ問題

ほんとに ひつこいですが。(笑)

最近のおトイレはきれいで居心地がいいので
個室感覚で 一息ついて
メールを打ったりするヒトもいるそう。
ほぉぉぉぉぉぉ!!
なるほど。

今日、生徒さんが教えてくれました。


2009年03月09日

日々の喜び

0222%EF%BC%8A777%E5%86%86.JPG

2月22日の
7時7分にお買い物したら
777円。
イエイ!

777円、意外とたまに出します。
もちろん、暗算してないのに。
なぜか、嬉しい。ぞろ目って。

こんな些細なことが
今の私の喜びです。(笑&泣・・・?)

2009年03月08日

・・・なぁ、・・・なぁ、・・・なぁ・・・

モノゴトはなぜか一気にやってくる。
上下左右、斜め上や下からも。
ほへ〜〜〜とヒマな時もあるのだから、
そういう時にぽろんぽろんとばらけて来ておくれよ。

人生のセンパイはみんな
こういう時がいちばん幸せなんだよ、と言う。
そうなんだと、思う。
ちゃんと、わかっている、と思っている。

だから、
たまに、気持ちよく、すいすい行けたとしても
たいていは
波にのまれて溺れてあっぷあっぷしているけれど、
自分としては、それなりにがんばっているつもり。

でも、ヒトから見た結果がすべてなコトでもあるから、なぁ。

それを思うと、なぁ。

2009年03月02日

大きいけれどパンケーキ

0301%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%ADJPG.JPG

ど〜〜〜〜ん!
こんな大きさです。

作り方は とてもかんたん!というか いい加減。

ボウルに熟したバナナをいれつぶす。
卵1ヶ、黒砂糖30g、ヨーグルト80cc分くらいかな?も
加えて、ぐるぐる混ぜる。
薄力粉80gと溶かしバター大さじ1杯分くらいを加えて
さっくり混ぜ、バターをとかしたフライパンに
生地を一度に流し入れ(!)焼きます。途中で裏返して、両面。
焼いている途中のバナナのい〜〜い匂いに
もう、もう、うきうきしてきます。

焼きたてをぜひ!

メープルシロップをかけると
さらにおいしくて 幸せになれます。

さぁ、一日、がんばるぞ!

バナナヨーグルトパンケーキ

0301%E3%83%8F%E3%82%99%E3%83%8A%E3%83%8A%E3%83%8F%E3%82%9A%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%88JPG.JPG

朝、パンが無くて、買いにいくほどの時間もないので
1本あったバナナで
パンケーキを作ることにしました。
冷蔵庫にヨーグルトもあったし、
撮影の残りでわずかにアーモンドスライスもあったので
それも使ってしまおう、と思いまして。

結局、大きなパンケーキになってしまった!

半端に残ったものがきれいに片付く!!と思ったのも
束の間、
結局、食べきれない分が残ることに・・・。

喜ぶ苦しむ楽しむ

土曜日も撮影でした。
この日は ELLE a tableさんの。

編集長さんが
QUICHESの本、買ったよ〜〜!と言ってくれました。
なんとプライベート用に。

さすがだなぁと思った、と言ってくれて
もう、とても、とてもうれしいです・・・!
Merci beaucoup! Bisous!!

うきうきしながらの帰り道、
タクシーに乗りながら、ケータイで打ち合わせやら、
仕事の日程を、予定表を見つつ話してたら、
家に着く頃、車酔いしてすごく気持ち悪くなった。
久しぶりに、だめかも〜〜〜〜〜、と思いました。
三半規管弱すぎ。

嬉しい!!と苦しい!!が交互にやってきて
夜は久しぶりに東京に来たトモダチたちとごはんを食べることになっていて
無理かも〜〜〜〜と思いつつ臨んだのですが
意に反してというより、当然のように盛り上がり、
わはわは笑ったので、
最後は、楽しい!!で終えられました。

いい一日でした。
ありがとう。