« 2009年09月 | blog TOP | 2009年11月 »

2009年10月24日

菊の花

今日は、いただいた菊を茹でようと、
ふふん、と鼻歌を歌いつつ、
菊の香り、秋だわ〜〜〜とうっとりしながら
花びらをむしっていたら・・・・。
黒い細いうにうに虫が、菊の花の上を
あせってうにうにしているではないか!
ひ〜〜〜〜〜〜〜〜!
もう、なになに、この連続具合!
どっきりカメラ??

この菊、少し前にいただいたのですが
鮮度を保つ袋にしまって、大事に冷蔵庫に入れていました。
ということは、その数日間、
うにうにはうちの冷蔵庫にいたんかい、と
思うと、くらっとしますが(同居!?)
この菊はとぉ〜ってもおいしいので
しっかり食べました!
ゲンキンなワタシ。

ところで。
ここ数日は、
今度出る本の校正作業をしています。
この週末も、シェルターにこもってがんばります。
合間の気分転換の料理の時に
虫に会うのは本当にへこむの。
だから、
うにうにはもう、本当に結構です。
どうかお引き取りください。

2009年10月23日

パセリ

ブロッコリー虫の翌日。

前の日の夜、恐れていたうにうに虫の夢も見ず
快適に起きて気持ちを仕切り直した。
で、楽しく料理していて、バターピラフの仕上げに
パセリをきざんで、っと思ってパセリに手をのばしたら・・・
今度は青いうにうに虫が忙しそうに
パセリの葉の上でうにうにしていた・・・。

夢に出てこないと思ったら、現実に出てきたか・・・。

そうしたら、昨日の夜は巨大な芋虫の夢を見てしまった。
ベットの横に、芋虫がごろ〜〜〜んとしていて、
私は起きて逃げたいのに
その芋虫が時々、頭をもたげてこちらを見るので、
動けない。
なので、目のところだけうまくよけて布団をかぶり、
薄目を開けて見つつ
芋虫に、あっち行って!と念じている夢。

もう、カンベンしてほしい・・・。

2009年10月21日

オリオン座流星群

ここ数日、オリオン座流星群が見えるんだよ。
昨日の夜12時頃、東の空を見ていたら、流れ星が見えたよ。
と、トモダチがメールをくれた。
そのメールを読んだのがちょうど、24時37分。
急いで、外に出て東の空を眺めたけれど、
今夜は曇りみたい。
いつもより、見える星の数が少ない感じ。

残念、と思っていたら、
21日の23時頃がいちばんよく見えるらしいです。
流れ星、見れるといいな。

今日はへこんだ。
明日の仕事の仕込みでブロッコリーを準備していて
小房に切り分けて、
お湯を沸かして、さあ、茹でよう、と思ったら、
ブロッコリーの合間に茶色いものが。
枝??なんで??と思ってよく見たら、虫だった〜〜〜〜〜〜!
うにうにの。
3時間程、たっぷりの水に浸けていたせいか、
それこそ、虫の息の虫。
というか、切り分けていた時に、私、触ってやないだろうか、と
思ったら、泣きたくなった。
というか、うにうに虫、私にとってはありえないくらい大きかった。
立派な虫を見て、本当にへこんだ。
そう、そんな私は弱虫。

小さい頃、栗をむいていると、
必ず、何個かに虫がいた。
それを見つける度に
きゃ〜〜〜〜!と栗を投げ捨てると、
祖母や父や母は、
大丈夫、それは虫じゃない、栗なんだから、と言った。
栗の中で生まれて(←ほんと!?)
栗しか食べてないから、それは栗だ!
というのが、その理由。
特に祖母は、なんでもこの理論で突破しようとするので、
うかうかしてられなかった。
野菜や果物の虫を見ると、私はいつも、
この無理矢理なこじつけを思い出します。
でも、違う。
あれはぜったい虫だった、というか、虫です。

そして、あの茶色いうにうにも、どうしたって
ブロッコリーではないのだ!

ちなみに、キッシュの本の撮影の時も、
カットする前のカリフラワーにうにうに虫を見つけてしまい、
びっくりしたのと、怖いのとで、咄嗟に
そのまま丸ごと、お湯を沸かした鍋に放り込んでしまった。
で、どっぼ〜〜〜〜ん!とお湯が跳ねて
大惨事、いや、中惨事くらいのコトになりました。
今だから言えますが、
あのカリフラワーのキッシュは、そんなんで、
ぜいぜいはぁはぁしながら作ったものです。

何の罪もない虫には悪いけれど・・・・

ああ、夢にでてきそう。
だからこそ、寝る前に、
ロマンチックな流星群を目に焼き付けたかったのに・・・・。
うう〜〜〜〜〜〜。
茹でたとは言え、明日、
ぜったいブロッコリーは食べないもんね、私は。

2009年10月14日

東京ガスさん!

先日、東京ガスさんにお打ち合わせに伺ったら
定員の3倍のお申し込みをいただいたそうで、
抽選になったそうです。

今回いらっしゃれない方々には、また、いつかどこかで
お会いできるのを願っています。
お申し込みいただいて、本当にありがとうございました。

来てくださる方には、楽しんでいただけるよう
がんばります。
でも、なんか、キンチョーしてきたなぁ〜〜〜〜〜。

りんごのデザートは、ガス台についているダッチオーブンで作ります。
これまた、すばらしい機能で
テンションが上がるのです。
おおお!料理って楽しいねぇ!!って思ってもらえるはず。
ほかのメニューもオーブンを使ったもの。
他の場所では、オーブン料理というと、設備の問題で
できないこともあるのですが、
今回は、もう、うほうほでのオーブンレシピご提案です。
あれもこれもあれもオーブンで作りたい!っていうものばかり。

肌寒さも増してきて、
あちあちの料理がうれしい時期になってきたしねぇ。

EllE a tableとクロワッサン

今発売中の 『ELLE a table』と『クロワッサン』に
載せていただいています。

『ELLE・・・・』は いろんなお砂糖を使いわけたお料理を
作りました。
この中の黒砂糖とレバーは撮影のときも、
その後、編集の方が編集部に持ち帰って皆さんで食べてくれたときも
大好評だった!と言っていただきました。
みなさんも、ぜひ、作ってみてください。
お砂糖だけでなく、はちみつやメープルシロップ&シュガーでも
いろいろお料理しています。
同じような甘みでも、合わせる素材と調理法でこんなにも
楽しい違いがでるのか、と思ってもらえるはず!
ちなみに、今月のクラスソワレのデセールは
この時、編集の方にいただいた、イタリアのBIOの貴重なはちみつを
使わせていただいています。
上品なのに、香りの厚みがある、さすがにすばらしいはちみつです。

『クロワッサン』さんでは、お米の炊き方をご紹介。
いつものごはんの時の炊き方なのですが、
ル・クルーゼで炊いています。

ところで。
炊き方も大事ですが、研ぎ方も大事、と私は思っています。
お米の研ぎ方は、最近は精米技術も進んだので、昔とは違い、
研ぐ、というより、洗う、という方法がとられるようですが、
祖母と母に仕込まれた私はどうしても、
研ぐ、という感じになってしまいます。

祖母や母はよく、お米を研がせるとその人がわかる、と
言っていて、だから、ちゃんとしなければいけないのよ、と
うるさく仕込まれてきました。
研いでいる音で、几帳面な人か、だらしない人か、
料理上手か、料理下手か、すぐわかるそう。
小さい頃は、そう言われ、ひぃぃぃ〜〜〜〜!と恐れつつ
言われるままに必死にお米を研いでいたけれど
私も オトナになるにつれ、
祖母たちの言っているコトが、なるほど、そういうことね、と
わかるようになりました。
年長者の言うことは、いつも、一理あるねぇ。

とにもかくにも食欲の秋。
新しい甘みの料理との出会いや、
いつもとちょっと違うごはんの炊きあがり、
皆さんもぜひ、楽しんでください。


2009年10月07日

教室の生徒さんへ*お知らせ

第2木曜日 夜クラスの皆様へ

大きな台風が関東にやってくるそうですが
木曜夜クラスのレッスンは予定通り開講いたします。

ただ、当日、その時になってみないと状況がはっきりわかりませんので
もし、往復の交通機関などに問題、ご不安のある方は
お振替等の対応を相談させていただきますので
くれぐれも ご無理をなさらないでください。
ご欠席の場合は、ご面倒ですが16時以降にその旨ご連絡をお願いいたします。

予報では、朝方がすごくなるそうですが
みなさん、どうかお気をつけ下さい。


2009年10月01日

バスソルト

%E3%83%8F%E3%82%99%E3%82%B9%E3%82%BD%E3%83%AB%E3%83%88JPG.JPG

Kさん 手作りのバスソルトをいただいた。
って、ちょっと前の話しですが、
もったいなくて、お風呂に入れられず(笑)
時々、ぱこっと蓋を開けて
すぅ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと
力一杯吸い込んで、うっとりしています。
とってもリラックスできるのです。

このKさん、すごくて
ハンドクリームも手作りしたものをくださいます。
ナチュラルなものばかりなので、料理の合間につけても
大丈夫なところが、私には、強い味方。

パルファン・プール・マキも調合してくださり、
ハーブの香りに、こちらにも うっとり。
うひ〜〜〜〜〜〜〜。