« 2010年03月 | blog TOP | 2010年05月 »

2010年04月22日

ラデュレのマカロン

%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%99%E3%83%A5%E3%83%AC%E3%80%80%E3%83%9E%E3%82%AB%E3%83%AD%E3%83%B3.JPG

レッスンに通ってくださっているラデュレの方に
マカロンをいただきました!

やっぱり、おいしい!
おいしいなぁ、おいしいなぁ、と何度も言いながらいただきました。
日本で人気なのも、納得です。

でなくても、
マドレーヌ寺院の近くのラデュレには
私は思い入れがすごくあります。


十数年前(!?)にパリのラデュレに行った時は
感動して、
私もここで働きたい!と思いました。
といっても、サービスで。
制服がとてもかわいくて、それを着たいなぁ!という
不純な動機からです。
ピスタチオのデニッシュがとてもおいしくて大好きで、
日本に帰るときは、母や家族に食べさせたくて
いくつか買って、タッパーにつめて大事に持って帰ったなぁ。

その頃、パリで、いろんなところのマカロンを食べ比べていました。
かわいくて、おいしくて、当時、パリのお菓子屋さんで修行していたような
友人知人と、ぜったい、これ、日本でも流行らせようよ!と
熱く話していました。
その中には、
今では日本で巨匠(?)と呼ばれるようなヒトビトもいたのですが
“でも、この感じは、日本人には無理だよ、きっと”なんて
言っていたので、
今の、マカロンの日本での流行り具合を見ると、
なんともなんとも感慨深いです。

日本に帰国する前日に一人でお茶をしたのも
このラデュレでした。
帰国をする友人知人の多くは、
前日まで、買い物やらに忙しい人がたくさんいたのですが
私は、ここで、ゆっくりゆっくり過ごそう、と決めていたのです。
クラシカルなインテリアの店内と、すばらしく美しいお菓子たち。
小さなカフェテーブルに、使い込まれた銀食器でサービスされる感じ・・・。
当時は、観光客もそうそういなくて、
パリのすてきなマダムやムッシュが、
くしゅくしゅとお話しているような、
大人っぽいそれはそれはすてきなカフェでした。
まさに、私が憧れていたフランスそのものを凝縮したような。
帰りたくないなぁ、帰りたくないなぁ、
いつまでも、いつまでも、ここにいたいなぁ、と
泣きそうな気持ちで座っていたことを思い出します。

今でも、パリに行くと、必ず立ち寄る場所。
昔と同じように、銀食器でサービスされるお茶を飲むと、
ぐぅっ、とこみ上げるものがあって
気を緩ませるとふと、涙がにじみそうにさえなるのです。
なんでだろう。
美しすぎて、かなぁ。
すてきすぎて、かなぁ。

このカフェは、
その佇まいからは
すん、と時間が止まったような変わらない大切さを、
ショーケースに並ぶ美しいお菓子からは
絶えず進化していく大切さを感じさせてくれます。

考え中。

今日は撮影でした。
なかなかに頑張りました、私。

そのあと、打ち合わせで出かけた帰り道
またまた偶然に4人の知人に遭遇。
なんで、こんなところで!?という道でも。

なんだろう?この感じ。(笑)

4番目に会ったトモダチとちょっとお茶しよう、ということになり、
話しが転がり転がりしているうちに
お店のヒトに“あの〜〜〜閉店なんですけど・・・”と言われた。
なんと23時!!
カフェラテだけで、23時。
晩ごはんも食べずに、23時。
いろんな意味で呆然。
ちょっとのつもりが・・・。
これじゃ、宇宙時間の感覚ですよ。

でも、トモダチのこれからの楽しそうな展開の話しも聞けて
嬉しかったし、楽しかったなぁ。
で、私のコトもたくさん聞いてもらった。
私は最近、イロイロなコトを考えています。
正確には、最近、ではなくて、もうちょっと前から、だけど。
ただ、そんなイロイロの答えも出せないでいるのに
いいんだろうか、とモヤモヤしていたりして。
答えはあるのか? 答えはでるのか?
というか、実は自分の中では決まっているはずなのに、
ぐずぐずとしているのは
自分はまだまだだ、ということなのだとも思います。

でも、しあわせだなぁ。
そういうとめどない話しを聞いてくれるヒトがある、ということは。
感謝。

2010年04月20日

『ケーク・サレ』ツイートしていただきました!

%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%AC%E6%9C%AC.JPG

『CAKES SALES』の本、
ジュンク堂の書店員の方が、おすすめの本!として
早速、ツイートしてくださったそうです。
すごくすごく嬉しいです!

フードコーディネーターのセンパイも
本屋さんで
“3姉妹”が横並びで売られているよ、と
わざわざ写メを送ってくださいました。
優しい・・・・。
すごくすごく嬉しいです!

そして、
昨日は仕事で半日外出していたのですが、
何でも無い街中で、いきなり、5人もの知人に
偶然会いました!
もう、3人目からは、笑っちゃうほど、びっくりしました。
すべて、
角を曲がったら、向こうからまさかの相手が歩いてきた、
という感じだったので。
会ったとたん、
いやぁ!きゃぁ!ちょっとぉ!!と、感嘆の声を上げた後、
『CAKES SALES』チェックしたよ!
すごくいいね!あれは、売れるよ〜ぜったい!(←おっ!?)と言ってくれて
偶然にも、皆さん、人気雑誌の辣腕編集者さんたちだったので
そういう方々に、そう言ってもらえるだけで、
もう、何とも言えなく嬉しいです!

楽しい!とか、作ってみよう!とか思ってくれる方が
一人でも多くいたら、それだけで、私はしあわせだなぁ、と
思っています。


『CAKES SALES』ぜひ、のぞいてみてください!
これからの季節、ピクニックのお供にもおすすめなのです。

2010年04月17日

週が明けたら・・・

さ、寒い・・・。

去年は、確か、春らしさがなく
急に暑くなったように記憶していますが、
今年のこの寒さはまた・・・・。

まんまと、風邪なのか、なんなのか、体調を崩しました。
ここ数日、寝違えた痛さとは違って、
首と肩が激しく痛くて、まさに、首が回らないとはこのこと、
という状態だったのですが、
それも治らず・・・。

多分、若い時と違って、身体が硬くなっているのだろうなぁ。
柔軟性がなくなってきているから、すぐに固まるのでは・・・と分析。
ともかく。
起きてても横になっても痛くて痛くてつらい。
マッサージに行ったら、ガチガチな上、
見事に筋が歪んでます、と言われました。
1回じゃとてもほぐせません、だって。
トホホ。
ここでもまた、運動をしてください、と言われました。
ウンドウ、かぁ。

激しい頭痛と気持ち悪さは、コリのせいか、はたまた、風邪なのか?
寒気が抜けず、一方で熱が上がっていくのも
わかる・・・

出し切ってしまえば、あとは、楽になれるはず。

ああ、どうか、明日はせめて、晴れますように。


というわけで、
新しい本のことで、メールや留守電をくれた方、
ありがとう。ありがとう。
とてもうれしかったです。
元気になったら、連絡します。

2010年04月15日

ケークサレ*この本です!

%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B5%E3%83%AC.JPG


こんなすてきなコトにしていただきました。

『CAKES SALES』(ケークサレ)

よろしくお願いいたします!

2010年04月14日

ケーク・サレ*新しい本が出版されます!

新しい本が出版されます!

『CAKES SALES』(ケーク・サレ)

塩味のケークの本です。
これは、『QUICHES』(キッシュ)が出版された後、
次にこのケーク・サレで本を作れたらなぁ!と願っていたテーマ。
その時は、すぐには叶いませんでしたが
今、やっと、皆さんに見ていただけることになって
とても嬉しいのです。

ケーク・サレとの初めての出会いはフランスでのこと。
もう、ずいぶん前の話しです。
パウンドケーキのカタチをしているのに
食べると塩味でびっくり!
一瞬で、初めて知ったその楽しさの虜になりました。
同時に、
フランスという国には、自分の知らないことが、
何でも無いような日常生活の中にたくさんあるんだなぁ。
いったい、どれくらい、ここで過ごせば
そういうことを全部見れるんだろう!?
と、くらくらするような、わくわくするような気持ちになったことも
このケーク・サレのコトを思うたびに
懐かしく思い出すのです。

フランスは、料理は、
私に、
心臓が飛び出しそうなくらいのどきどきわくわくする思いを
何度も味わわせてくれました。
私も、自分が味わったそんな楽しさを皆さんに少しでもお伝えしたくて
料理を仕事に選びました。
今回は特に、その気持ちを身体のまん中にきゅっ!とこめて
作ったのです。
楽しんでいただけると、うれしいなぁ・・・!


・ ・・ということで、レシピは、長い(?)年月の間に
初めていただいた時のものとは違って
いつの間にやら、私流になっていると思います。
でも、こんなケーク・サレも楽しいのではないかしら??

この本は、『QUICHES』『TERRINES』の姉妹本になります。
こちらも、
いつの間にやら、うれしい3姉妹になりました。
17日頃から、本屋さんに並び始めるそうです。
ぜひぜひ、見てください!

最後になってしまいましたが、
機会をくださった池田書店さん、
本当にありがとうございます!


2010年04月13日

かわいいのよ

%E3%81%BF%E3%81%8D%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8A%E5%9C%9F%E7%94%A3.JPG


こ〜〜〜んなかわいい白キクラゲいただきました。
シンガポールのお土産。
って、これも3月の話しですが・・・

かわいすぎるので、食べるというより、
水で戻してふわふわにしたので
顔をすりすりしたいなぁ、と妄想中。

ということで、
今は、ヒトに自慢中。

ひと通り、自慢が終わったら食べようっと。

2010年04月12日

すてきデザート

3%3A22%E3%83%86%E3%82%99%E3%82%B5%E3%82%99%E3%83%BC%E3%83%88%EF%BC%95.JPG

3月の話しですが・・・。

オトモダチの家で鶏鍋をごちそうになりました。
3時間も煮込んでだしをとってくれたそうで
しみじみと優しい味で
とてもおいしかったです。

そのあとのデザート。
プリンとパイナップルのシロップ煮も作っておいてくれました。
シャンパンにいちごも入れてくれましたよ!
すてき!

2010年04月11日

手元にすずめ

%E9%B3%A5%E3%82%AB%E3%83%83%E3%83%95%E3%82%9A.JPG


こんなかわいいカップをいただきました。

すずめカップ。

ありがとう〜〜〜〜。

2010年04月10日

今日のハート 4月の2コ目

%E7%94%9F%E5%A7%9C%E7%B3%96%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88.JPG

生姜の砂糖漬け、ぽろりのカケラが・・・!

わかるかしら?

2010年04月08日

新メンバー??

%E6%96%B0%E3%81%97%E3%81%84%E9%B3%A5.JPG

うちのサロン(注*スズメ用の)に最近
新顔が・・・
手前の方です。

サロンのお客様(注*スズメたち)のためにご用意した
ロブションのクロワッサンの屑とか
バゲットのはじっことかを
この方、
なんだか、すごく散らかしながら豪快に食べるのですが・・・。
え〜〜〜〜〜っと、
あなた、どなた???

2010年04月06日

今日のハート 4月編

%E3%83%88%E3%83%9E%E3%83%88%E3%81%AE%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88JPG.JPG

トマトを切ったら・・・

しそと一緒に冷たいトマトのパスタにしました。

う〜〜〜ん!ハートフルな味わい!

『QUICHES』またまた増刷です

%E3%82%AD%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A51004.JPG


『QUICHES』またまた増刷になりました!
たくさんの方に見ていただき、とてもとてもうれしいです。
ありがとうございます。


先日 万梨子先生とお食事した時に
『QUICHES』あれはとてもいい本ね!と褒めていただきました。
とてもとてもうれしかったのです。

お友達、知人、この本でキッシュを作ってくれたヒトに聞くと
みんな、まず初めに作るものが色々で、
ほぉ〜〜〜〜それかぁ!とか、へぇ〜〜〜〜これなんだぁ!とか思います。
そんなことで、知らなかった一面も垣間みれるようで面白い。

ゴーヤと豚肉の、作ったよ〜!というヒトもいて、
いきなり、そこからか!しかも、あなた、東北出身なのに・・・!とか。
食べ物とかも、ちょっと通好みの友人とかは
キャベツ、アンチョビ、モッツアレラにレモン、作って、
おいしくてすてき、とか言うので
あ、なるほどね、とか。

アーティスト系の友人とかは、
きのこのバタールキッシュ、チョー楽しい!とか
言うヒトがけっこういいて、
それも、なんとなくわかる気がしたりして。
これは、東京ガスさんでも、デモンストレーションして、
参加者の方に、すごく喜んでいただけました。

撮影では、スタッフのヒトが、みんな、たくさん食べてくれたけど
ドライハーブ&鯛とドライトマトにいんげん、の時に
盛り上がってくれて、それも、ふむふむなるほどね!と
思えたりします。

焼きネギと黒オリーブにカマンベール、は、ワイン好きの
なんというか、渋めのオトナな感じのヒトに人気。
で、もうひとつの特徴が、これが食べたい!と言うヒトのほとんどは、
作って!と言うこと!
食べるのは大好きだけど、作るのはいや、というヒトが多い(笑)。

というわけで
キッシュ占い、みなさんもぜひ、してみてください!

*姉妹本『TERRINES』も好評発売中!どうぞよろしく。*

2010年04月05日

どでか月

%E4%BA%AC%E9%83%BD%E6%BA%80%E6%9C%88.JPG

京都。
夕方、四条で。

一瞬晴れた時の どでか月。
東山の木々は雪で白く染まり
何とも言えない幻想的な風景でした。

たまらなく寒かったので暖まりたくて、
このあと
あちあちのうどんを食べました。

うどん屋さんでは、隣に
フランス人のカップルがいて
うどんを音をたてずに
もくもくと食べていました。
で、ほかの席でおじさんたちが
ずるずるずるっっっ!とすごい勢いで食べているのを
びくっ!としながら振り返ってちら見してましたよ、彼ら。(笑)
なんだなんだ、あの音は!?と思ったのでしょうねぇ。
で、彼女の方は、わかめと海苔をもくもくと
小皿によけていました。

その横で私は、今度来た時は
親子丼を食べよう、とココロに固く誓っていたのでありました。

2010年04月04日

京都

3%3A30%E4%BA%AC%E9%83%BD%E3%82%BF%E3%83%AF%E3%83%BC%EF%BC%92.JPG

数日前に、京都に行っていました。
到着した頃は、こ〜んな青い空だったのに
午後には、小雨が降ったかと思えば また晴れたりを繰り返し、
そのうち、雨がみぞれになり雪になり、
そこへ風が吹いて横殴りの吹雪のようなことに・・・。
でも次の朝には、何もなかったように、
すこん、と晴れた空になっていました。

まさか、そんなめまぐるしいコトになるとは・・・
到着したての何も知らない頃の写真。

今回の京都では、お天気に始まり、
なんだか、ヘンなコト、不思議なコトがたくさん起こって
まるで、自分が映画かなにかの中にいるようでした。
(=いろいろありすぎて現実感がない感じ。)

車で建仁寺のあたりを走っていたら
誰も歩いていないその道に、突然、
出身高校の制服を着た5−6人のグループが現れ すれ違いました。
びっくりしましたが、
そういえば、今頃、私も京都に修学旅行に来たなぁ、と
思い出しました。
あの頃の私は17歳。
宿泊先の宿に顔を見に来てくれた祖母はもう、いないけれど、
あの時の、にこにこと恥ずかしそうにロビーにいた祖母の姿は
今でもはっきりと覚えています。
穏やかでとてもとても優しい祖母でした。
お料理がとてもとても上手な。

17歳の頃にもう一度戻りたいとは思わないけれど
祖母には会いたい。

生きて死んでいくとは、どういうことだろう、と
時々考えます。

この日の京都の天候は、まるで、私のココロの表情のようでした。

2010年04月03日

浮かばれず・・・。

3%3A18%E6%AD%BB%E6%B5%B7%E3%81%AE%E5%A1%A9.JPG


たくさん食べて飲んだあと、
アロマセラピストのオトモダチが
“そういえばコレ〜〜〜〜〜〜〜っ!”と言って
死海の塩をくれました。
たっぷり。

“コレお風呂に入れて、浮かんで浮かんで〜〜〜!”と言うので
“浮かぶの!?”と聞いたら
“浮かぶ浮かぶぅ!!”と言うので
もうもう、その気で どきどきわくわくうひうひしながら
この塩を入れたお風呂に入ったのですが
浮かばず・・・・。

ん??と思いつつ、
いやいや、きっかけが必要なのでは?と考え直し
お尻を上げてみたりしたのですが
何ひとつ浮かばず・・・・。

お風呂の中で、
いつものように沈みながら独り、し〜〜〜〜〜〜ん・・・と
過ごしました。

まぁ、よく考えれば、こういうことだよね・・・
しかし、私のわくわく気分はどうにもこうにも
浮かばれず・・・。

2010年04月01日

チョコミントも届きましたよ

3%3A25%E5%B0%8F%E9%87%8E%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AE%E9%83%B5%E4%BE%BF.JPG
届いた封筒を開けようと裏返したら・・・

おいしそうです。
これに合わせて、コーヒーが飲みたくなりますなぁ。
ひと休みとしますか。

ポワソンダブリル

%E6%AD%A6%E6%99%BA%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%8A%E5%9C%9F%E7%94%A3.JPG

先日のいただきもの。
リアルかわいい。
リアルおいしい。


もう、4月ですぜよ。
これこそ嘘だと言ってほしい。

こうやってあっという間に夏が来て
冬になり
また1年が終わる。
ああ無情・・・

春はウキウキするけど ちょっとだけ
しんみりするなぁ。

最新の著書