« 2010年09月 | blog TOP | 2010年11月 »

2010年10月30日

東京ガスさんでデモンストレーション

東京ガスさんで『ヴェリーヌ』のデモンストレーションを
させていただきました。
楽しかったぁ!
最新の調理器具も使わせていただいたので、
仕上がりもいつにも増してばっちり!でした!
ダッチオーブンで焼いた鴨はとてもおいしかったのです。

そして、
大雨の中、来てくださった方々、本当にありがとうございました。
皆さん、とてもいい方で嬉しかったです。
前の生徒さんや、大学の時の友人も来てくれて
とても驚きましたが、とても嬉しかったです。
ご応募をたくさんいただいたそうで、今日来てくださった方は
約九分の一の確率でお席を取っていただいた方々です。
そういうことを思うとなおさら、
今日お会いできたことがうれしいです。
でも、お会いできなかった方も、いつかぜひ、お会いできる日を
願っています・・・。

『ヴェリーヌ』の出版社の方はプライベートにも関わらず、
『ヴェリーヌ』を売ってくださっている本屋さんの店長さんまで、
1日中、アテンドして見守ってくださっていました。
ありがとうございました。
皆さん、西新宿でふと、『ヴェリーヌ』を買おう!と思った時は、ぜひ、
新宿パークタワー地下1階の新栄堂書店さんへ!!
店長さん、店員さん、みなさんとても親切な方ですよ!

2010年10月27日

エネルギー発散

というワケで。
レシピを打とうとスタンバイしてみたものの、
いったいどこに打てばいいのかわからず、途方にくれ、
このエネルギーを発散すべく、ブログにぶつけてみたいと思います。

ともかく。
数日前にマックが真っ黒になってしまって(画面が、です)
入院して、新しいマックとともに、生還しました。

ああ、痛い出費だ。
かなり。

入院に行ったとき、マックのヒトが
私のパソコンのキーボード(?)を見て、
ぎょっ!としてました。
薄くなってるところに、
マッキー(油性ペン)で手書きで、M、とか、A、とか、
いつもわからなくなる記号には、黒丸、とか、点、とか、
書いてあるので。
で、そのヒトが、気を取り直して
キーボードみたいのを、ぱこっ、と外したら、その下に、
クッキーやおせんべの粉状のくずがありえないくらい
ぼろぼろあって、
そのヒトはソレを見て再び、とまってました。
恥ずかしい・・・。

でもさ、アレ、あんなに、どうやって入ったんだろう???
っていうか、もしやアレが原因じゃないよね?

で、新しいのを買うにあたり、
“私、自分であれこれやったりするのを楽しむタイプじゃないので、
ここでやってもらえるコトは最大限、すべて、やってください!
私は何にもやりたくないし、できないんです!!!”と
必死でお願いしたら、対応してくれたマックのヒトとその隣のヒトに
くすっ、と笑われ、相談(?)に来ていたらしい隣のオトコノヒトには
珍しいものを見るような目で、じぃぃぃぃっと、見られました・・・。
ふん!何よ!!

あ。
受付の担当のヒトに、今日のご相談内容は?的なことを聞かれたとき、
動かなくなったのを見て欲しいのですが、いずれにしても、
新しいのも買おうと思います、
と、言ったら、
アメリカ人が、グッジョブ!という時やるように
親指をきゅっとたてて、ウインクし、満面の笑みでうなずかれました。
(もちろん、そのヒトは、すごく高い確率で日本人のはず)
で、私、ああ、ここは、アメリカだ、アメリカなんだ、と
思って、だから、青いTシャツのヒトが言ってることがわからなくても
大丈夫!と、逆に緊張がとけました。(笑)

あと、新しいのは、どのタイプをお考えですか?と聞かれて
白いの!と答えたときも、
マックのヒトはプチ絶句してました。
・・・なんか、すみません。
選ぶ基準が機能とかでなくて・・・。
違いがわかること、というと、色だけなんですよねぇ〜。
これでも、精一杯考えて選んだんですけどね・・・。

でも。
対応してくれた青年がすばらしかった。
私のレベルをすばやく察知してくれて、
難しい専門用語を使わずに、すごくわかりやすく話しを進めてくれて
とても安心感があったし、信頼もできました。
もちろん、マニュアルはあるんだろうけど
私のレベルに合わせて、
さして重要でないようなことは、はしょってくれた気がする・・・。
そして、それが、ぜんぜん嫌な感じじゃないのよ。
しかもこちらの、しどろもどろの質問にも
嫌な顔ひとつせずに、わかりやすく答えてくれました。
一度も、説明書に書いてあるから、みたいなこともいわれなかったし。
すてき。パソコン王子。

帰り道は、ウチの、パソコンが得意な甥っ子くん兄も、
とても説明が上手なので、
将来あんな、すてきパソコン青年になるんじゃないかしら??と
おばばかなことを妄想して、ちょっとうっとりしました。

そう。
確かにうっとりしたんだけど、さ。
そんな場合じゃないのよ。
ワードというモノはいったいどうなってるのよぉ!
私はどうしたらいいの???

どう??

更新、できてる??


パソコンを買い替えましたが、
万全なのに、なんだか、ヘンだぞ??と思い、
よく考えてみたところ、そういえば、
ワードというモノを別に買ってください、と
いわれた気がするのですが、ソレ、買ってないけど・・・。
ソレは、いったいどこで売ってるの???

2010年10月16日

オリーブ ひと粒。

%EF%BC%99%E6%9C%88%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%95%E3%82%99.JPG

ベランダのオリーブの木に
ひと粒だけ、実がなりました。
かわいくて、
今、私が、いちばん大事なもの。
鳥よ、食べるでないよ。


私の大好きな占いでは、夏以降、
良くも悪くも、過去のコトやヒトとの関わりが、
復活してきます、
でも、あなたは、今の自分で
きゅっ、と前を向いて、あるいは、
ふわ〜〜〜〜ん、と心を広げて向かい合いなさい、と
いうようなコトが書いてありました。

別に、占い命、でモノゴトを決断していなくて、
いくら、だめと言われていても、
したい時にしたいコトを選んでしまって
そんな時はすっぱり占いを切り捨てるとはいえ
ふむふむ、と読むのは好き。
それに、この占いは、“私のこと、どこかで見てるの!?”と
いうようなコトが多いのでいつも見ています。
(石井ゆかりさんの筋トレのコトです。)

で、ホントにそんなコトがぽろぽろあったりして。

しあわせ、って、何かなぁ。
と、ぼんやり、オリーブの実を見つめて思う午後。
私にとってのしあわせは、
目の前で丸くかこった自分の手の中に入る分だけで、いいんです。
見上げても、振り向いても、横を向いても、
あっちまで、ありそうなほどはいいや。

毎日のように、それぞれのしあわせの蓋を開けて、
ああ、いいなぁ、うれしいなぁ、あたたかいなぁ、と
思いたい。
あ、このしあわせの蓋を開けるのはこのところすっかり忘れていた、
ということがないように。
毎日毎日、どのしあわせの蓋も開けられるように。
だから、毎日、開けられる分だけのしあわせで、
私は、とってもしあわせなんです。

2010年10月11日

アポロ

%E3%82%A2%E3%83%9B%E3%82%9A%E3%83%AD.JPG

昨日は『料理通信』さんのお仕事で
なかなかに 濃ゆいコトをしました。
掲載誌がでたら、お知らせしますね。

今日は天気がいいので、午後からのお仕事の前に
ひと仕事。
ぬいぐるみのアポロを洗おう!と思いつきました。
パリから連れて帰ったアポロ。
ふと、客観的に見てみたら、衝撃的にぼろぼろです。
私がお昼寝の枕がわりにしたり、
トモダチが連れてきたワンコに
ぶんぶん振り回されたりしてるからなぁ。(笑)

2010年10月08日

ミーハーな感じです

ウチの前の通りは、人通りが少ないのですが、
昨日、そこで、キム兄とすれ違いました。20cmくらいの近さで。

キム兄は、なぜ、こんなところをてくてく歩いていたのかしら???

先週は、いつも行くスーパーで
サバンナの高橋さんを見ました。
あさりを見ながら、「砂抜きせな・・・」と言っていました。
あさりとか、料理するんだなぁ、と
おせっかいなコトを思いました。

以上、久しぶりの有名人遭遇情報。笑。
あまりにミーハーっぽいので、もうやめようと思っていたのですが、
意外と、コレが好き、というヒトもいて、
“あのコーナー、最近無いけど・・・?”と言われたりします。
(というか、コーナーになっていたなんて!)

あ、ついでだから言うと、
この間は、ダチョウ倶楽部の寺門ジモンさんと
すれ違ったあとに行ったスーパーで、
レジで、前に並んでいたのが小島聖さんでした。
いかが?

2010年10月07日

ひと休み

今日は秋晴れの気持ちのよいお天気でした。
仕事のお買い物の合間に、公園のベンチにすわって
しばし休憩。
風がさわさわしていて、
ああ、ここで、今、お昼寝したら
そうとう気持ちいいだろうなぁ、と妄想。
15分ほどのことですが。

見回すと、ベンチはすべて埋まっていました。
サラリーマンさんや若い男の子や女の人。
ぼうっと座っている人もいれば
カップラーメンを食べている人もいれば
本を読んでいる人もいて、
なんか、いいなぁ、と思いました。
普段からここをチェックしていて
営業のお仕事の合間にひと休みするのかもしれないし、
散歩の最中に偶然見つけて座ったのかもしれないし。
みんな、いろんな日々を生きているんだよねぇ。

ほんとは、
誰もいなかったら久しぶりにブランコにのってみたかったのですが・・・。
こんな日は、
ぐんぐん漕いで、高く高くあがったら
気持ちよかっただろうなぁ!

2010年10月06日

小島奈津子さん

今日は BSフジさんの「きがきくキッチン」の収録でした。
クリスマスにおすすめのお料理を
紹介させていただきました。

フジテレビさんは、「料理の鉄人」のお仕事をしていたので
なんとなく、勝手に、親しみがあるという気がしてしまいますが
何より、MCの小島奈津子さんが、とても気さくに
いろいろと話しかけてくださり、
とてもとても楽しくお料理させていただきました。
テレビカメラがある、というのを忘れてしまうほど!

小島奈津子さんは、春の太陽のような女性で、
スタジオに立たれると
ぱぁぁっと、周りがやわらかく明るくなって、
周りのみなさんが、小島さんを見て、
自然にリラックスした笑顔になるので
すごいなぁ、と思いました。
収録の合間、合間に、お料理のこともお話させていただいたのですが、
お好きらしく、そして、たぶん、相当お上手なのでは!?という
感じでした。
おいしそうなディップのレシピも教えて下さいました。
早速作ってみたいです。
ご友人方と、少しずつ配合を変えて、
キッシュの研究もなさったそうです。楽しそう!

そんなワケで今日の私は、小島さんのすてきさにうきうきしています。
この気分は、しばらく続きそう!
で、そのおかげで、さらに元気に頑張れそうな気がしています。
やっぱり。
小島奈津子さんのチカラって、すごい。
あれ??
小島奈津子さんのお話ばかりになってしまいました!

番組は
12月6日お昼の12時半〜12時45分の放送予定です。
ぜひ、見てください!
ともかく小島さんがとってもすてきなので!

2010年10月04日

掲載誌のお知らせなど

わぁ。わぁ。わぁ。もう10月だ!
もう、今年も終わりじゃないですか!

さて。
掲載誌のお知らせです。
ELLE a tableさんに載せていただきました。
がんばって90分を目標に、
すてきな秋の行楽弁当を作ろう!というページです。
料理する楽しみもしっかり味わうべく、
なるべく市販のものを使わないで自分で作ろう!というお弁当。

タイムテーブルもつけてあるので、これを目安に
料理の波にのってもらうと、すい〜〜〜〜〜〜っ、とお弁当が作れるはず!
編集の方が、お仕事がお休みの日、
自分のおうちのキッチンで、時計片手に試してみてくれました。(さすが!)
それで、難しいところ、慌ててしまうところを再度調整して
レシピを練っています。

それでも心配な方は、前夜に時間があれば
下準備など、してしまうのがおすすめ。
そうすると、当日は、かなり楽に作れます。
蓋を開けたとき、目の前にいる人が、
わぁ!!っとびっくりするのを想像しながら作ってください。

この号では、『ディップの本』を読者プレゼントにしてくださっています。
まだ、お持ちでない方、ぜひ、ご応募を・・・。

それと。
NHKさんの『ワンセグランチボックス』に出演させていただきました。
過去形なのは、私が放映日を勘違いしていて、
実は放送が終わっていた、というのに気付いたからです・・・。
し〜〜〜〜〜ん。

秋のごちそう、ちょっと手間をかけるだけで
こんなにすてき、というレシピを考えました。
平日5日間、お昼の時間に放送していただいていました・・・。
過去形・・・。

2010年10月01日

夢の話

この間、
壁が黒くなっているので、なんだろう?と思って近寄ったら
ちっさくて黒いてんとう虫みたいなのが
びっちりいて、もう、本当にびっちりで、
いや〜〜〜〜〜!!と叫びつつ、ちりとりで
ご〜〜〜〜〜〜っと集めてはゴミ袋に捨てる、
でも捨てても捨てても虫はみっちり増えていく、という
恐ろしい夢を見ました。
あ〜〜〜〜〜、せめてあの虫がゴキブリでなくてよかった・・・
と、朝起きてぜいぜいはぁはぁしていました。

その日の夜遅く、
そんな夢のことはすっかり忘れて、なんだか気分よく、
思い立って桃を夜中に煮始めまして、
そういえば、フランスで前に買ったバニラシュガーを入れてみようではないか、
と探していたら、
棚の向こう側に、保存瓶が落ちているのを発見し、
??と思って取出してよく見てみると・・・・。
密閉された瓶の中で、胡麻くらいの黒い小さな小さな羽虫が
無数に成仏しているではないですか!
ひ〜〜〜〜〜!と思わず、手から落としてしまいました。
中身は、もう、思いだせないくらい前に使って残っていた
オートミールな気がする・・・・。

ああ、あの夢はこのことだったのか・・・と納得。

こういうことが、なぜか、よく、あります。

この間、フランスから来ていた友人のことも、そう。
しばらく連絡もぜんぜんとっていなくて、
かといって、私も日々ばたばた過ごしていて、
どうしてるかな?と考えているワケでなかったのに(あ、ごめんね〜〜)、
この間の冬だったかに、突然、彼女の夢を見たのです。
夢の中では、彼女にあるハプニングが起きていて、私は、
え〜〜、どうするの?大丈夫なの?ちゃんとした方がいいんじゃないの?と、
なんだかゆったりして見える彼女に
一生懸命言ったりしていたのです。
で、日本にいる共通の友人に、“実はこんな夢見てさ・・・”と話して、
その共通の友人も“え〜〜〜〜〜。変な夢〜〜〜〜”と言い、
二人で笑っていたのですが・・・。

先日、フランスの友人といろんな話しをしていて、
“実は・・・・”と彼女が言った話にびっくり。
なぜなら、
私が夢に見たことが、まさに、彼女の身に起こっていたのです。
今年の始めに・・・。

ちょっと、ぞっとしました。

しかし。
それはまぁ、それとして。
どうせなら、
宝物が埋まっている夢とかを見たいものだなぁ。

最新の著書