« 2012年05月 | blog TOP | 2012年07月 »

2012年06月29日

風男(かぜおとこ)

ちょっと前、青山をぐんぐん歩いていたら
すれ違った人に、麻紀ちゃん!!と呼び止められました。
振り返って、じ〜〜〜〜〜〜っと相手の顔を見ながら頭をフル回転。
カメラマンの西やんさんでした。
日焼けしているタンタンのようになっていました。
日焼けしていてすぐにわからなかったけど、
それ以上に、よく考えたら、会うのは10年ぶりくらいです。
月日が経つのは早いなぁ。
いつも旅に行っていた西やんさん。
むかし、知らない街の景色を、写真でたくさん見せてもらったなぁ。

立ち話をわ〜〜〜〜〜っとして、
雷がなる暗い空を見上げて、雨が降る前に、と
颯爽と自転車にまたがって、満面の笑みで遠ざかりました。
聞いたら、この日もなんだかすごい距離を朝からずっと自転車で
移動していたそうです。
風だなぁ。風。
風のようなヒトで、風のような生き方だ。
軽やかでさわやかで、やさしくて、時々ひどく暴れん坊で、
すごい風速で一瞬で何かをふっとばしてしまうような。
力強くて、繊細で、楽しんで、自由で、孤独。
でもいつも、口笛をふいている。
彼は、どんな朝日や、夕日、どんな星空や月を見てきたのだろう・・・。

後ろ姿を見送りながら、なんとなく、
いつのまにか、私は、たくさんのモノを持ちすぎているんだよなぁ、
いろんなこと、
もっとシンプルでいいのにねぇ、と思いました。

いいなぁ・・・。と憧れることは、要は、
自分にそのチャンスが無いのでも、周りの状況が許してくれないのでもなく、
自分がそれを自分で選んで、腹をくくれるか、なんだよねぇ。
それがわかっているヒトが言う、いいなぁ、と
それがわかっていない、いいなぁ、は、ぜんぜん違うんだよなぁ。
ううむ・・・・。

2012年06月23日

すばらしいお医者さま!

先日、明け方にひどい寒気とひどい頭痛で起きて、
風邪でもひいたかな?と思っていたら、
その日の昼過ぎから、割れそうなくらいの頭痛と吐き気と寒気で
どうにもならなくなり、しばらく仕事先で横になっていました。
夜になってしまい、泊まる訳にもいかないので、這うように帰宅して、
今日はもう寝る!と思い、
一応、メールだけチェックしたら、
その前日に二人きりで割と長い時間打ち合わせをしていた方から、メールが・・・。

打ち合わせした帰り、猛烈に関節が痛くなり、歩くのもつらいほどで
そのまま病院に行ったら、溶連菌、というのに感染していました。
なので、もし、麻紀さん、風邪のような症状がでたら、
風邪薬など飲まずに(処方される抗生物質が効くので)
病院に行って下さい!うつしているかもしれません。とある・・・・!

おお!! これか? これなのか!?私のこの具合の悪さは!!??と思い、
よくわからないけど、わからないこの菌が怖いぞ!と恐ろしくなり、
夜間の救急外来に電話して、
かくかくしかじかなんですが・・・と相談し、
メールの内容まで、読んで聞いてもらい、
それを、初めに出た事務(?)の方とまわされた先の看護士さんとに
2回にもわたり、ぜいぜいしながら同じことを繰り返し説明した。
そしたら、
あなたの症状はたぶん、その菌に感染しているとは思いませんが、
診ますので来て下さい、と行ってもらい、
またまた這うように病院へ。

結果、私の場合、ただの風邪らしく、
薬も特にこれ、というものもないけれど(正確には風邪薬というものは無いんだって!)
吐き気止めだけだしますか?ということで、薬も1種類で完了。
(痛み止めは持っていたし、葛根湯があるならそれを飲んでもよい、ということで)
こちらとしてもなんとなく、あれ?これだけ?? し〜〜〜ん・・・・。
という感じもあり、
夜間の救急の方のための時間に、なんだか、悪かったなぁ、と
思っていたのですが、
その、診て下さった先生が、ここに書かずにはいられないくらい
とてもすばらしい先生だったんですの!

まず、胸の名札を手で持って私にみせながら、
私の名前は●●●●です。(フルネームで。)これから渡辺さんを診察しますね。
と、自己紹介してくれ、
きちんと私の方を向き直して座ってくれて、目もしっかり合わせて見てくれる。
問診も、とても丁寧。
今、一番つらい症状は何ですか?
それはいつから始まりましたか?
ほかにつらい症状は何ですか?それはいつから始まりましたか?などなど
とても細かく聞いて、確認しながらメモをして進めてくれます。
質問と、私が答えるときも、ちゃんと私の方を見て、目を見てくれるし、
私が答えている時に、話しをさえぎったり、それはナントカですね、と
先に結論を言ったりしません。
で、その菌がどういう菌か、という説明や、
なぜ、私がその菌に感染していない、と言えるか、ということも、
とても整然と、丁寧に説明して下さいました。

なんか、急を要する方のために待機していらっしゃるのに、
こんなことで伺ってすみませんでした。と言ったら、
いいんですよ。もちろん、そういう方がいらしたら、
渡辺さんのような症状の方より優先させていただきますが、
でも、この夜の遅い時間に、そういうわからない菌のことを知って、
自分があてはまるような症状がでていたら、それは驚くし、心配になりますよね。
とてもよくわかります。
とまで、言って下さったのです〜。
ね?? ものすごく優しいでしょ???
もう、この先生は、苦労人の秀才に違いない!と思いました。
とても若い先生なので、私は心の中で、ああ、どうか、先生、
このまま、5年後も10年後も変わらないでいてください!と祈りました。
悪意を持ったオトナよ、あの先生に近寄らないで〜。先生を巻き込まないで〜。

薬の説明をしてくださった、ベテランっぽいご年齢の看護士さんもとても優しくて
なんか、肩までもんでくださいました。
ったく、風邪ごときで大騒ぎして、こんな時間に来てさぁ〜、と思われても仕方ないと
覚悟していたので、この拍子はずれの優しさに、つい、
なになに?サービス強化週間なの??などと思ってしまう私。
いけないいけない。
サービスじゃないの、優しさなの!
ともかく、不安だった心に、温かさが広がりました。

精算をしてくださった事務の方に、
診て下さった先生は、とてもとてもいい先生でした。
とお伝えしたら、事務の方も、にこやかになって、
また、いつでも来てください。
と 言ってくださいました。
ありがとうございます。また来ます!と病院を後にしたけれど、ふと、
あれ?違う違う。
ホントは、あんまり、しょっちゅう来たくない所だった・・・。
と思ったけれど、
あの先生なら、毎日でも、相談に行きたいわ〜〜!!
だって、あの、なんでも耳を傾けてくださる様子で、
ほかに気になるところ、ありますか?と また聞かれたら、
あの〜。少し食べただけで、太るんですけど、どうにかなりませんか?とか、
白髪を発見したんですけど、どうにかなりませんか?とか、
このシミとれますか?とか、
ふだん、ちょっと気になっているシリーズの質問をどんどんしてしまいそう。

でも、大丈夫!
私だって一応、節度のある人間なので、
ちょっと優しく対応していただいただけで、
勘違いしてずるずる甘えたりしないから!!

大きな心配事が、さわやかで、温かな体験にかわった出来事でした。
久しぶりに、いい先生だなぁ!という方でした。
だから、逆にハッピーな気持ちになったほど。
頭は相変わらず痛くて寒気も吐き気もしたけれど、帰り道、
いや〜、今日はいい日だった!とさえ思ってしまいました。

ちなみに、溶連菌、というのは、私たち誰もが口の中に持っていて、
免疫力などが低下した時に、いわゆる悪さをして、
熱がでたり、喉が腫れたり、風邪に似た症状になるそうです。
知人も、処方された抗生物質を飲んだら、一日でおさまったそう。
もとは、子供がかかることが多いらしく、ただし、そこから、
親(大人)にうつることもあるそうです。
へぇぇぇぇ〜。
勉強になりました!


ところで。
今日、トモダチたちと話していて、腹巻き、の話しをしていたのですが、
腹巻きしてからスカートやパンツをはくと、
ちょっとの薄さなのに、私の場合、ボタンが閉まらなくなるのよ〜。と言ったら、
上からすればいいのよ!!と言われて、
家に帰ってやってみたら、どうにも、バカボンのパパになるんですケド・・・。
ねぇねぇ、コレって、どういうコト!?

2012年06月18日

マリネの本がでます。

『ごちそうマリネ』(河出書房新社刊) です。
(写真がなぜか載せられません。しょぼん)

いろいろなタイプのマリネを紹介しました。
素材そのままをマリネして食べる手軽なもの、
素材を蒸したり、焼いたりしてからマリネした方が美味しいもの、
素材をマリネしてから調理するもの、
マリネして作るデザート、などを、ぎゅっ!と1冊につめました。

マリネは、つけておけばすぐ食べられるので、
冷蔵庫にあると、便利だし、気持ちも楽。
それに、ものによっては、1時間、2時間、または
一日、二日、と、漬ける時間の長短で、味わいも変わるのが楽しいところ。
好きなところで、食べればよいのです。

毎日のおかずにはもちろん、
ワインやお酒のおともに、
お持たせや集まりのおもてなしに、と 
どんどん作っていただきたいです。

撮影中も、スタッフのみなさんがもりもり食べてくれて、
それでも残ったものはきれいに持って帰ってくれて、みんな、
次の日のお昼に食べた〜、とか、
夜ご飯&おつまみにした〜、とか、言っていて、
早く食べた方が食感があっておいしいマリネと、
よくマリネすると味がしみておいしいものとを考えて
順に、上手に食べてくれたみたい。
日々、お仕事でものすごく忙しいスタッフさんたちには、
とりあえず、今晩、冷蔵庫にアレがある、と思えるマリネたちは大好評でした〜。

というか。
今回も天才スタッフさんたちにより、
すごくすてきな本に仕上げていただいています。
本ができあがって、初めて手にした時、鳥肌がたちました!
新しい本をカタチにしていただいた時はいつもそうだけれど、
鳥肌がたつのです。(幸せな私)
で、私の鳥肌を見て、編集者さんも、鳥肌たてていました!(笑)


Amazonでは今月初めくらいから予約販売が始まっていたらしいのですが、
書店さんにはまもなく並び始めるそうです。

あんまりお料理をがんがんしたくない暑い夏にはもちろん、
1年中、いろいろなシーンで使っていただける本です。
ぜひ、手に取ってみていただけたら嬉しいです!

2012年06月07日

お知らせ 

携帯の画面が真っ黒になりました。
電話ができない状態です・・・。

ご連絡くださる方はメールか、仕事場へお電話ください。
ご迷惑おかけしますが、しばらくごめんなさい。