« お知らせ  | blog TOP | 『サラダ』の本 »

お知らせ 

新しい本がでます。

『定番野菜で季節の サラダ』(文化出版局)

5月24日発売予定です。

トマト、じゃがいも、きゅうり、人参、きゃべつなどなど、
いつもなんとなくキッチンにあるような野菜をサラダにしました。

こういう、キッチンの”定番野菜“は、作り慣れて食べ慣れてはいるけれど、
また、これか〜。と思ってしまうこともしばしば。
けれど、よくよく味わってみると、
同じ野菜でも、季節によって、風味や食感はまるで違っているのです。
だから、その季節ごとに、その野菜の風味を楽しむような、
サラダを紹介しました。


春になったら桜には花が咲いて、夏にはわさわさと葉を茂らせ、
秋になったらその葉が色づき、冬にはすっかり裸の木になる。
初夏に青々としたもみじの葉も秋には真っ赤に紅葉するように、
ひとつの野菜も、見た目は同じようでも、
その季節季節で味わいの彩りが変わっていきます。
ただ、同じことが繰り返して行くだけのような毎日の生活の中で、
ある日、ふと、
いつものきゃべつに包丁を入れた時、ふわりと刃先を包み込むように
やわらかぁく葉が切れるようになっていたり、
料理前のきゅうりのはじっこを齧った時、
青っぽい風味だけれど優しく甘い水分が
たっぷりとみずみずしく口の中に広がったりするようになると、
あ・・・!と気付くのです。
春が来たんだ!とか、夏になったんだ、と思うのです。

毎日は、昨日とただただ同じなんかじゃない。
野菜も、自分も。
その変化を楽しむために、テーブルに、ぜひサラダを・・・・。

最新の著書